社会

サプライチェーンマネジメントの強化

サプライチェーンマネジメント

CSR調査の実施

  シスメックスでは、取引先におけるCSR活動状況を確認するためのCSR調査を実施しています。既存取引先向けの調査はグローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンが開発したCSR調達セルフ・アセスメント・ツールを採用しており、調査項目は人権、労働慣行、腐敗、環境、紛争鉱物など多岐にわたります。当社は分科会メンバーとしてこのツールや、他の各種アウトプット制作に取り組んでいます。新規取引においては、CSRの取り組みに問題がある場合は取引を実施しないことを定めており、CSR調査に加えて経営者との面談も行います。こうした取り組みは海外の取引先についても同様であり、特に児童労働や職場環境については調達担当者が現地を訪れて状況を確認し、問題がないかを確認しています。
 2020年度に実施した一次サプライヤー向けCSR調査の回答率の実績は89%となり、リスク分析の結果、フォローアップを4社に対して行いました。さらに取引先のCSR活動を推進する活動として、ハイリスクと判定された一次サプライヤー13社に対して、二次サプライヤーの管理状況を確認しました。2021年度からは、サステナビリティ目標としてCSR調査回答率を設定し、取り組んでいきます。その他、取引先に対するトレーニング件数も新たにサステナビリティ目標に加え、さらに国内二次サプライヤーのCSR調査回答率、一次サプライヤーの第三者認証取得率についてはモニタリング指標としています。
 シスメックス ヨーロッパでは、全ての新規取引先に対して人権・グリーン調達等を含むCSR調査を行っている他、既存取引先に対しても年次評価を行っています。またシスメックス マレーシア、シスメックス 無錫、済南シスメックス、シスメックス 上海などでも、年次の取引先調査を実施し、リスク評価や改善につなげています。

調達部品・原材料の品質向上に向けて

 シスメックスでは、品質に関する要求事項を明確にした品質保証協定書を提示し、当社の調達方針についてご理解いただいた上で契約を締結しています。納入品の品質確認を行い、是正や予防措置の実施が必要と判断された場合に品質監査を実施しています。
 新規の取引先に対しては品質監査を実施し、品質管理が適切に運用されているかどうかを確認しています。また、既存の取引先に対しても定期的な品質評価を行い、品質を維持・向上するための取り組みを行っています。

サプライチェーンでの連携

 シスメックスでは、当社の事業の方向性や調達方針をご理解いただいた上で取引ができるよう、取引先との関係強化に努めています。
 2020年度は、当社従業員向けに、取引先が持つ独自の技術を紹介する展示会やセミナーを実施し、より良い製品の設計・開発につなげると同時に、相互理解をいっそう深める場としました。また、取引先との協調性のある活動の推進に向けて、品質・安定供給・環境・BCP等に関する情報共有を通じて、取引先とのコミュニケーションを強化しています。
取引先との技術セミナーの様子
取引先との技術セミナーの様子

調達関連法規制遵守を目指した社内啓発活動

 シスメックスでは、電子調達システムを活用し、不当な代金減額や返品の防止に努めています。また、全調達部門員を対象として下請法に関する教育を実施し、さらに新規配属者を対象として「調達方針」「CSR」「グリーン調達」「調達リスク」に関する教育を実施しています。

ストーリー:ステークホルダーの声

「当社の製品は、医療を通じて人々の健康や安心を支える必要不可欠なもの。何としても安定供給を継続しなければなりません」そう語るのは、25年にわたって調達業務に携わり、現在はSCM(サプライチェーン・マネジメント)本部で診断薬調達をリードする山縣朋仁。コロナ禍でも調達・生産に関わるさまざまな課題を解決すべく奔走しています。