サステナビリティ

サステナビリティ関連の評価、実績

世界的なサステナビリティインデックスに選定

 財務的な視点に加え、環境・社会・ガバナンス(ESG)の非財務の視点から企業の持続可能性(サステナビリティ)を評価し、長期的視点で投資を行う責任投資が拡大しています。その責任投資の指標として、世界ではさまざまなサステナビリティインデックスが利用されています。シスメックスは持続可能性が高い企業として、多くのサステナビリティに関連するインデックスに選定されています。
  • Dow Jones Sustainability World Index(2016年度より)
  • Dow Jones Sustainability Asia Pacific Index(2012年度より)
 米国のS&P Dow Jones Indices社が発表しているESG投資インデックス。企業のサステナビリティを「経済・環境・社会」の側面から評価し、総合的かつ先進的な取り組みを行っていて、長期にわたり持続的な成長が期待される企業を選定している。
World Indexは、世界の上場企業が対象。Asia Pacific Indexは、アジア太平洋地域の上場企業が対象。
  • FTSE4Good Index(2008年度より)
FTSE4Good Index
 英国ロンドン証券取引所グループのFTSE Russell社が発表しているESG投資インデックス。世界主要企業の一般に公表されている情報のみを用いたESG評価に基づいて、優れた企業を選定している。
  • FTSE Blossom Japan Index(2017年度より)
FTSE Blossom Japan Index
 英国のFTSE Russell社が、ESGについて優れた対応を行っている日本企業を選定している。SDGsを含む国際基準から導出されたFTSE4Good の組み入れ基準を活用している。
  • MSCI ESG Leaders Indexes(2011年度より)
  • MSCI SRI Indexes(2013年度より)
MSCI ESG Leaders Indexes
 米国モルガンスタンレーグループのMSCI社が開発したESG投資インデックス。評価対象企業の産業の特徴を踏まえ、各インデックスの重要度の高いESG課題に絞り込んだ評価に基づいて企業を選定している。
 
  • MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数(2017年度より)
MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数
 米国MSCI社のESG投資インデックスの一つ。日本株の時価総額上位500銘柄の中から、各業種の中でESG格付けが相対的に高い企業を選定している。
  •  MSCI日本株女性活躍指数(WIN)(2017年度、2019年度より)
MSCI日本株女性活躍指数(WIN)
 米国MSCI社のESG投資インデックスの一つ。日本株の時価総額上位500銘柄の中から、各業種の中で性別多様性に優れた企業を選定している。
 
  •  S&P/JPX カーボン・エフィシエント指数(2018年度より)
S&P/JPX カーボン・エフィシエント指数
 米国のS&P Dow Jones Indices社が、TOPIX(東証株価指数)をユニバースとして、環境情報の開示状況、炭素効率性(売上高当たり炭素排出量)の水準により構成銘柄の投資ウエイトを決定した指数。
 
  •  ISS ESG 「Prime」 status(2019年度より)
ISS ESG「Prime」
 ISS ESG(米国の議決権行使助言会社世界大手Institutional Shareholder Services社のESG投資関連ソリューション事業ユニット)により提供される、サステナビリティ格付における評価。ESGの観点から、業界内で高い評価を得た企業が「Prime」として認定される。
  • Ethibel Excellence(2011年度より)
  • Ethibel Pioneer(2014年度より)
Ethibel Excellence
 ベルギーの非営利団体Forum Ethibelが開発した投資インデックス。企業の社会的責任の観点から高いパフォーマンスを示している企業を選定している。ExcellenceとPioneerの2種類があり、Excellenceに選ばれた企業の中から、さらに優れた企業がPioneerに組み入れられる。
  • Ethibel Sustainability Index(ESI)(2015年度より)
Ethibel Sustainability Index(ESI)
 Ethibel Excellenceに選ばれた企業の中から、浮動株時価総額などの制約条件に基づいて、構成されているインデックス。
 
  • Global 100(世界で最も持続可能な100社)(2012年、2016年、2017年、2021年)
Global 100
 カナダのコーポレート・ナイツ社が選出する、持続可能性の高い企業上位100社。世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)にあわせて毎年発表される。
  • Euronext Vigeo Eiris World 120 Index(2018年度より)
Euronext Vigeo Eiris World 120 Index
 欧州で多数の証券取引所等を運営するEuronext社と、ESG調査会社であるVigeo Eiris社が開発した株価指数で、欧州・北米・アジア太平洋地域の大手企業1,500社の中から選定された、ESGの取り組みに優れた企業上位120社で構成される。
 
  • SOMPOサステナビリティ・インデックス(2018年度より)
 SOMPOアセットマネジメント株式会社が設定するインデックス。ESGの取り組みに優れた企業約300銘柄が選定される。

社外からの主な評価、表彰

社会関連活動への評価

  • 新・ダイバーシティ経営企業100選(2020年度 )
  • 次世代認定マーク「くるみん」を取得(2011年度~)
  • 「健康経営優良法人」に認定(2017年度~)
  • 女性活躍推進法に基づく優良企業認定マーク「えるぼし」3段階目取得(2016年度~)

環境関連活動への評価

  • 環境コミュニケーション大賞「環境報告部門 優良賞」(2016年度~2019年度)
  • 環境省と一般財団法人 地球・人間環境フォーラムが、優れた環境報告を表彰することにより、事業者等の環境経営および環境コミュニケーションへの取り組みを促進するとともに、環境情報開示の質の向上を図ることを目的とする表彰制度。

IR活動への評価

  • Institutional Investor誌の「 2021 All-Japan Executive Team」において Most Honored Companyに選出
  • 米国大手金融情報誌 Institutional Investor が、世界の機関投資家・証券アナリストの投票結果をもとに、日本の優れたIR活動を行う企業を選出しています。

  • International ARC Awards(2010年度、2017年度「Gold Award」、2011年度、2016年度「Bronze」、2020年度「Grand Award」)
  • 米国の独立評価機関MerComm, Inc.が主催する世界最大規模のアニュアルレポートコンペティション。2020年度は世界29ヵ国から1,690の応募作品があり、シスメックスは最高位の「Grand Award」を受賞。

  • WICIジャパン統合報告優良企業賞「統合報告奨励賞」(2018年度)
  • 世界知的資本・知的資産推進構想(WICI)の日本組織であるWICIジャパンが、国際統合報告評議会(IIRC)の統合報告普及活動を日本において推進するために創設した表彰制度。

  • 日本IR協議会IR優良企業賞(2004年度「IR優良企業奨励賞」、2006年度、2011年度「IR優良企業賞」、2015年度「IR優良企業大賞」)
  • 日本IR協議会が、IRの趣旨を深く理解し、積極的に取り組み、市場関係者の高い支持を得るなどの優れた成果を挙げた企業を選び表彰しています。 

  • 日本証券アナリスト協会「証券アナリストによるディスクロージャー優良企業選定」(2015年度「ディスクロージャー優良企業(医薬品)」第1位、「個人投資家向け情報提供」第1位)
  • 日本証券アナリスト協会が、企業情報の専門ユーザーとしての証券アナリストの立場から、企業のディスクロージャーの質、量、タイミング等の優劣を判断するための客観的な評価基準として選定。