社会

働きやすい職場環境の確保

多様な働き方の実現

多様な働き方の実現に向けて

 シスメックス株式会社では、従業員一人ひとりが働きがいや充実感を感じながら多様なキャリアを形成し、さまざまな家庭環境や地域の状況に応じて就業継続できるように、ワークライフバランスと働きやすさを追求した社内環境の整備を行っています。
 働きやすい環境整備の一つとして導入しているフレックスタイム制度に加え、2021年度より「働く時間」と「働く場所・働き方」を自分で選ぶことができるスマートワーク制度を開始しました。5時から22時までを就業可能時間とし、自宅やサテライトオフィスなどで業務内容や個人の生活スタイルにあわせて働くことができます。
 有給休暇取得を推進する施策としては、半日有給休暇制度の導入や、取得推奨日の設定、また有給休暇を取得して旅行やレジャー、カルチャースクールの利用などを行った場合には、福利厚生プログラム「カフェテリアプラン」から補助金が支給されるなど、さまざまな取り組みを行っています。また、2021年度より、有給休暇取得率をサステナビリティ目標として設定し、今後さらなる取得率向上に向けた取り組みを推進していきます。
 また、配偶者の海外転勤などの自己都合による休職制度・再雇用制度を導入し、就業継続に向けて幅広く機会を提供しています。
 フレックスタイム制度、福利厚生プログラム「カフェテリアプラン」の適用対象者は、正社員に加え契約社員にも拡大しています。

  • 会社が毎年、従業員に「カフェテリアポイント」を提供し、自らの意思によって特定のプログラム(育児や介護支援、健康増進、資格取得など)を選択し、利用することができる。
テレワークの様子
テレワークの様子

仕事と育児の両立支援

 シスメックス株式会社では、出産前から育児までに対応した多様な制度を導入しています。不妊治療やつわりに対しての休暇制度をはじめ、配偶者出産時休暇、子の看護休暇などがあります。また、2歳までの育児休業後に中学就学前まで利用できる勤務時間短縮制度および在宅勤務制度を導入しています。育児休暇からの復職支援としては、復帰前セミナーの開催や育児休業中の従業員に向けたニュースレターの配付などを行っています。
 また、男性育児休業取得率をサステナビリティ目標として設定し、取得率向上のための施策を展開しています。2020年度は、外部講師を招いた「仕事と育児の両立支援 -パパの子育て応援講座-」の開催や、男性が利用できる育児に関連する制度を紹介するガイドブックの発行などを行いました。
 研究開発拠点テクノパーク内には、社内託児所「シスメックスキッズパーク」を設置しています。常時保育だけでなく、配偶者が非常勤で働いている場合や、保護者の疾病、弔事などにより家族での保育が困難なときなどの一時的な利用にも対応しています。
 また、「子育てサポート企業」として、厚生労働省から次世代認定マーク(愛称「くるみん」)を取得しています。 
  • 次世代育成支援対策推進法に基づき、一般事業主行動計画を策定した企業のうち、計画に定めた目標を達成し、一定の基準を満たした企業が「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定(くるみん)を受けることができる。
  • 社内託児所「シスメックスキッズパーク」
    社内託児所「シスメックスキッズパーク」
  • 次世代認定マーク「くるみん」
    次世代認定マーク「くるみん」

その他のワークライフバランス支援制度

介護や社会貢献活動などを支援

 シスメックス株式会社では、家族の入院などで付き添いが必要になったときには、短期の介護休業と積立有給休暇を半日単位で最大40日取得できます。また、要介護者・要支援者のご家族のための在宅勤務制度も導入しています。また、1カ月以上の介護休業に対する所得補償制度(月10万円)、介護でキャリアをいったん中断した従業員を再雇用する制度も整備しています。
 また、ボランティア休暇、臓器提供などのドナー休暇も導入し、目的に応じて従業員が休暇を取りやすいような支援制度を設けています。

グループ会社での取り組み

 シスメックスでは、グループ会社でも働きやすい職場環境の実現に向けてさまざまな取り組みを行っています。
 シスメックス ヨーロッパでは、充実した職場環境が認められ、2021年に「Great Place to Work※1」をランキング10位で受賞しました。※2また、「家族にとって優しい職場環境」の認証をドイツのコンサルティング会社berufundfamilie Serviceより取得しました。
 シスメックス ドイツ、シスメックス トルコでも「Great Place to Work」を受賞し、シスメックス ドイツは8位、シスメックストルコは4位にランキングされました。※2
  • 1 「働きがい」に関する調査・分析を行う専門調査機関であるGPTWにより発表される企業ランキング。一定の水準に達していると認められた会社や組織を各国の有力なメディアで発表する活動を世界約60カ国で実施している。
  • 2 シスメックス ヨーロッパ、シスメックスドイツ:251-500人規模カテゴリー内、シスメックス トルコ:中規模企業カテゴリー内 

その他グループ会社での取り組み

 
会社名 取り組み内容
シスメックス アメリカ
  • フレックスタイム制度、在宅勤務制度の導入 
  • 法定以上の育児休暇制度の導入(父親、母親) 
  • ファミリーサポート制度の導入(子育て支援、家族休暇、家族が病気になった場合の外部機関によるサポート利用時の補助金支給)
シスメックス ヨーロッパ
  • フレックスタイム制度、在宅勤務制度の導入 
  • 親子ルームの設置 
  • 育児休暇制度の導入(父親、母親) 
  • 子育て支援制度(外部機関によるサポート利用時の補助金支給)
シスメックス 上海
  • フレックスタイム制度の導入
  • 新型コロナウイルス感染症への対応として、多様な勤務形態を導入
シスメックス アジア・パシフィック
  • フレックスタイム制度、在宅勤務制度の導入 
  • 子育て支援制度(育児休暇延長制度、医療保険補助、奨学金支給) 
  • 介護や育児を目的とするファミリー・ケア休暇制度の導入
  • 全社員を対象とする37の疾病をカバーする保険への加入
  • 契約社員を対象とする福利厚生制度の導入
  • ボランティア休暇制度の導入

従業員満足度向上に向けた取り組み

 シスメックスでは、グループ全従業員を対象とするエンゲージメントサーベイを毎年実施しています※1。結果は各部門にフィードバックされ、改善に向けたアクションプランの立案・実行、モニタリングのPDCAを通じて、従業員エンゲージメント向上に向けた取り組みを行っています。調査のスコアが伸び悩んだ部門に対しては、人事部門が改善に向けたアドバイスを実施しています。
 エンゲージメントサーベイの結果は、エンゲージメントスコアとしてサステナビリティ目標に設定し、中長期の人事施策に展開しています。2020年度の結果はグループ全体で66%、前回比6%減となりました※2。新型コロナウイルス感染症の影響による働き方の変化も考慮するとともに、エンゲージメントに相関が高い設問の特定と優先的に取り組む課題の可視化を行い、グループ全従業員の心身の健康、やりがいのある仕事、良好な人間関係が構築できる職場環境を整備し、高い生産性と成果の実現につながるための施策を推進していきます。
  • 1 2020年度より毎年実施
  • 2 新型コロナウイルス感染症の影響により、EMEA地域では未実施