社会

医療アクセスの向上

 世界には医療環境や医療制度など保健システムの未整備により、適切な医療を受けることが困難な地域が存在します。
 シスメックスは、グローバルに事業を展開する企業が果たすべき責務の一つとして、一人でも多くの方が適切な医療を受けられるよう、新興国・開発途上国において検査の普及を通じてユニバーサルヘルスカバレッジ(UHC)を推進する取り組みを進めています。 
  • すべての人が、適切な健康増進、予防、治療、機能回復に関するサービスを、支払い可能な費用で受けられることを意味する。

感染症診断へのアクセス向上

 シスメックスは世界の三大感染症と位置付けられるマラリアやHIVへの取り組みとして、各疾病の診断を支援する技術・製品を提供しています。

マラリア・エリミネーションへの貢献

  シスメックスは世界の三大感染症の一つであるマラリアの排除に向け、自社の事業分野である検査・診断領域における課題解決に挑戦しています。 
 2019年にCEマークを取得した多項目自動血球分析装置は、2020年6月に、マラリアの診断補助を目的とした高度管理医療機器(クラスⅢ)※1として、国内で初めて薬事承認を取得し、アフリカの国々でも薬事申請を順次進めています。
 現在主流となっているマラリア検査は、簡易診断キットや顕微鏡が用いられますが、いずれも前処理を含めて約15分から30分の時間がかかる上、顕微鏡検査には熟練の技術を要することが課題でした。それに対して多項目自動血球分析装置は、前処理作業を伴うことなく、マラリア原虫等に感染した赤血球の有無とその比率を約1分※2で高精度に自動測定することができます。※3
 マラリアは、早期診断・早期治療により死亡者数を減らすことができる疾患であり、診断に有用な検査結果を迅速かつ容易に提供可能な本製品を臨床現場へ提供することで、国内の輸入感染症対策へ貢献します。
 また、高度管理医療機器としての国内薬事承認は、新興国・開発途上国向けの医療アクセス改善を進める国際基金団体等の調達基準※4として挙げられています。国際基金団体等と連携することで、新興国・開発途上国などの医療資源が限定される国や地域への導入を推進し、世界におけるマラリア排除(マラリア・エリミネーション)に貢献します。
 また、シスメックスは2016年よりマラリア対策に関係する研究機関・企業などにより構成されるマラリア・コンソーシアムの活動および運営に参画しています。アジア・アフリカにおいて産官学連携で進められるプロジェクト活動に、「検査・診断」分野で貢献しています。全セッションがオンラインで生中継された第7回日経・FT感染症会議では、マラリア・コンソーシアムでの産官学連携の取り組みについての活動報告を行いました。
  • マラリア・コンソーシアムによるイニシアチブ
    マラリア・コンソーシアムによるイニシアチブ
  • コートジボワールの医療機関に納入された装置
    コートジボワールの医療機関に納入された装置
  • 1 不具合が生じた場合、人体へのリスクが比較的高いと考えられる医療機器を指す。
  • 2 検体セットから結果の判定までの時間
  • 3 顕微鏡法によるマラリア診断を置き換えるものではありません。また、本結果のみで診断を行うことはできません。その他の臨床情報を用いた医師の総合的な判断により確定診断がなされます。
  • 4 WHOや国際基金団体では、新興国・開発途上国におけるさまざまな製品の市場導入を加速するため、厳格審査機関を定め、その機関からのハイリスク製品としての承認取得を調達基準の一つとすることで、審査を簡略化することを認めている。日本における高度管理医療機器(クラスⅢ)としての薬事承認は、その厳格審査の基準の一つとなっている。

ストーリー:ステークホルダーの声

ヘマトロジー事業推進部で新たな診断技術の商品企画や事業推進、共同研究推進を担当する竹内ちあき。「道なき道を進むようだった」と、数年間にわたるプロジェクトを振り返ります。
▶ 診断装置の普及を通じたマラリア撲滅への挑戦

HIVの診断や治療の質向上への貢献

CD4陽性リンパ球検査システム
CD4陽性リンパ球検査システム
 シスメックスは、シスメックス パルテックが開発・製造するCD4陽性リンパ球検査システムを新興国や開発途上国で提供しています。このシステムは、血液中のCD4陽性リンパ球の数と比率をわずか3分で測定し、小型・ポータブル式であることに加え、メンテナンスを簡略化するなど、簡便かつ迅速、安定的な検査を支援します。
 またこのシステムは、WHOによる事前認証(Prequalification)を取得しました。本認証の取得により、医療資源が限定される国や地域への導入が促進され、新興国や開発途上国におけるHIVの診断や治療の質向上に貢献しています。
  • 医薬品・検査・ワクチン等のヘルスケア製品を資源の限られた国々で安心して使用できるようにするため、WHOが品質や安全性、効能などを担保していることを示す認証制度。 2001年にHIV/AIDS用の医薬品向けに制度が開始され、現在では新興国・開発途上国が物品調達時に参照するリストとして使われたり、世界エイズ・結核・マラリア対策基金(Global Fund)をはじめとした基金団体がこの事前承認を受けた製品を優先的に選択している。

 また、シスメックスはケニアでHIV/AIDSの医療体制構築に取り組んでいるNPO法人「イルファー」に対して、2010年度に血球計数装置を寄贈して以来、継続的な支援を行っています。同団体はHIV/AIDSに関する教育活動や無料診療を現地で定期的に実施しており、シスメックスは2020年度にも同団体への寄付を行いました。

グローバルヘルス技術振興基金「GHIT Fund」に 参画

 シスメックスは、「開発途上国の人々が感染症による苦難を乗り越え、先進国と同様に繁栄と長寿社会を享受できる世界を目指す」を活動のビジョンとする公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)に2015年より参画しています。GHIT Fundの活動は第2期目(2018-2022年)に入り、当初の「製品開発」から「その製品を必要としている人々へ届ける活動」にシフトしています。当社も引き続きGHIT Fundの第2期の活動に参画し、日本発の技術革新による新たな感染症診断薬の開発・提供に向けた取り組みを推進し、開発途上国における感染症撲滅に貢献していきます。

非感染性疾患診断へのアクセス向上

 新興国・開発途上国では感染症がいまだ大きな課題である一方、都市部を中心にがん、糖尿病、腎臓病などの非感染性疾患(NCDs)の患者さんが増加しています。シスメックスではNCDs対策において重要となる予防や早期発見・早期治療に必要な検査の普及に取り組んでいます。

ガーナへの尿検査自動化技術普及促進により「JICA-SDGsパートナー」として認定

 シスメックスは、JICA「開発途上国の社会・経済開発のための民間技術普及促進事業」において、2018年よりガーナにて「尿検査自動化技術普及促進事業」を推進しています。ガーナの国立教育病院であるKomfo Anokye Teaching Hospital (KATH)へ尿検査を全自動化する尿検査総合搬送システムを導入し、現地の医療従事者に向けたセミナーやシンポジウムを開催しました(参加者数:延べ約500名)。2020年8月には、本事業がSDGs推進への取り組みとして評価され、「JICA-SDGsパートナー」として認定されました。今後も尿検査自動化技術の臨床的価値や有効性を啓発し、ガーナをはじめとする開発途上国における医療水準の向上に貢献していきます。
  • KATHでのシンポジウムの様子
    KATHでのシンポジウムの様子
  • 「JICA-SDGsパートナー」認定書
    「JICA-SDGsパートナー」認定書

アジアにおける医療環境の整備

  医療アクセスの向上には、医療インフラの整備とともに、適切に訓練を受けた医療従事者の存在が不可欠です。アジアにおいては、臨床検査室の品質向上や臨床検査の質向上を通じた教育支援に加え、医療従事者の方々を対象としたセミナーや勉強会の開催、最新の学術情報の発信などを実施しています。 

質の高い検査データ提供のための技術支援

モンゴル保健省との契約締結式
モンゴル保健省との契約締結式
 アジアでは、中国やモンゴル、カンボジア、ミャンマー、タイ、フィリピンにおいて、臨床検査の品質・精度向上のための支援活動を行ってきました。
 モンゴルにおいては、従来のヘマトロジー・生化学・免疫分野に加えて、2017年からは新たに血液形態検査分野にも対象を拡大し、支援活動を継続しています。現地の臨床検査技師に、技術的、学術的ノウハウを提供するとともに、国家的に実施される血液形態検査の外部精度管理のしくみの構築・運営を支援することで、モンゴルの医療水準の向上に貢献しています。ミャンマー、カンボジアにおいても、血球計数検査の外部精度管理において同様の活動を展開し、臨床検査の質向上を支援しています。
 また中国では、2002年より血球計数検査の国家の標準器として、当社の血球計数標準器が採用されており、これを元に中国国内における全ての血球計数装置の登録検査や外部精度管理が行われています。また、血液検査・基準測定操作法の技術移管・技術交流、臨床検査国家ガイドラインの策定支援などの継続的な支援とともに、2019年度からは最新型の標準器の貸与を行っており、中国における血球計数検査の精度向上および検査の標準化に貢献しています。
  • 血球計数検査の国家標準の値を決めるための装置

アフリカにおける医療環境の整備

 アフリカにおいては、南アフリカ、ガーナ、ブルキナファソ、ナイジェリア、エジプトの5カ国に現地法人を設立し、教育施設の展開や政府機関、研究機関、NPO等との連携などを幅広く行うことで、現地の医療水準の向上を目指しています。

臨床検査室のキャパシティ・ビルディングを支援

メンターシップ・トレーニングの様子
メンターシップ・トレーニングの様子
 シスメックスは、アフリカの各現地法人にシスメックスアカデミーとよばれるトレーニングセンターを開設し、アフリカ各国の販売代理店や医療従事者などを対象に臨床的価値の教育や装置のメンテナンスなどの研修を行っています。また検査室の品質管理体制が国際基準ISO 15189に準拠するよう、独自に開発したメンターシップ・トレーニングを提供しています。

ストーリー:ステークホルダーの声

プログラム受講者の声 
「メンターシッププログラムでは、私たちスタッフに対して、検査室の品質向上に向けたトレーニングが行われました。国際基準に適合した臨床検査室の品質管理システムを学べることは非常に有意義で、検査の目的や有用性を再認識することができました。このプログラムを通じて、臨床検査の質向上が図れると実感しています。」 

政府機関・国際機関との連携

 シスメックスは、ブルキナファソの保健省と連携し、血液検査のネットワークを同国全土に確立・維持するプロジェクトを実施しました。施設規模に応じて装置を約100台設置し、650名以上の検査技師やエンジニア、小児科医に対してそれぞれの役割に応じたトレーニングを行いました。この取り組みを通じて、農村地域や遠隔地にある地元医療機関で新たに年間120万回の血液検査が行われるようになるなど、血液検査の機会が創出されました。今後マラリア検査、血液凝固検査においても同様の活動を行っていくことが決まっています。
 またガボンでは、日本大使館による草の根・人間の安全保障無償資金協力「ランバレネ地方母子保健局機能拡充計画」「アケベ・プレン地方母子保健局機能拡充計画」において、両母子保健局の医療従事者に対する当社装置の使用方法、メンテナンス等の研修を行い、保健人材育成と医療環境の改善に貢献しました。
 ケニア、セネガルでは、ドイツ国際協力公社と医療機器メーカーとのStrategic Allianceの一員として、生体医工学分野の学士プログラム開発に関する提携に基づき、臨床検査技師を育成するプログラムを提供し、現地医療水準の向上に寄与しています。
 また、シスメックス サウスアフリカは、世界中の医学部や医療機関と連携して教育・交流を促進する機関であるGEMx(Global Educational Exchanges in Medicine and the HealthProfessions)と提携し、さまざまな教育機会を提供しています。
 このほかシスメックスは、アフリカ全土で各国保健省やWHOなど多くの政府機関や国際機関と連携し、各地の医療アクセス向上に取り組んでいます。 

COVID-19をはじめとするグローバルヘルス分野の課題解決に向けて

 2021年4月、グローバルヘルス分野(地球規模課題としての保健医療分野、特に公衆衛生分野、感染症対策分野での支援及び事業)に貢献する日本企業の経営者有志「グローバルヘルスを応援するビジネスリーダー有志一同」が菅義偉首相に対して、「民間企業の活力を発揮するグローバルヘルス戦略—複雑化・多様化する課題解決に向けて—」と題する要望書を手交しました。当社取締役社長の家次恒もこの有志の一人として要望書に署名しました。
 本要望書では、日本政府のODAの活用による民間企業のグローバルヘルス分野への展開強化、政府、民間企業やODAのシナジー強化、民間企業人材を含むグローバルヘルス人材の育成強化が要望されています。