ガバナンス

コンプライアンス推進の取り組み

腐敗防止

 シスメックスは、国連が提唱するグローバル・コンパクトの趣旨に賛同し、その10原則の一つである「企業は、強要や贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗の防止に取り組むべきである」に基づき、腐敗防止の徹底を図っています。
 内部統制委員会にて定期的に実施しているリスクアセスメントでは、腐敗行為を含むコンプライアンス違反もリスクの一つとして認識し、リスクの低減に取り組んでいます。また、グローバルコンプライアンスコード「10. 社会との健全な関係の保持」において、腐敗行為を明確に禁じるとともに、グループ全社に適用されるグローバル贈収賄防止規程において、具体的な禁止行為、デューデリジェンスの実施、教育の実施、管理体制などについて定め、グループ全体での遵守に向けた取り組みを推進しています。 

医療機関等との関係の透明性確保

 シスメックスでは、研究開発から生産、販売、サービス&サポートにいたるまでの全ての段階で医療機関・医療関係者の皆様と連携する機会が増えており、高い倫理観に基づいて取引を行う必要があります。
 日本では、一般社団法人日本臨床検査薬協会で制定された「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」の理念を踏まえ、会員企業であるシスメックス株式会社とシスメックス国際試薬もその趣旨に賛同し、医療機関等への資金提供等に関する情報を公開しています。
 また、米国・フランスなどでは、企業に対し医療機関との関係の透明性確保を求める法律(サンシャイン法)が制定されており、対象となる医療機関等への資金提供等に関する情報を各国当局に報告・公開し、当社ウェブサイトにも当局サイトで公開されている情報を公開しています。

研究倫理

適正な研究開発活動の実施

 シスメックスは、グローバルコンプライアンスコード「4. 適正な研究開発活動の実施」において、遺伝子その他研究開発における被験者のプライバシーを保護するなど、被験者の尊厳および人権を守り、各国・地域の関連する法令などを遵守するとともに高い倫理観をもって研究開発を行うことを定めています。また「臨床研究開発及びヒトゲノム・遺伝子解析研究に関するグループ倫理規程」を定め、法律・科学の専門家などの社外委員をメンバーに含む「研究倫理審査委員会」を設置し、研究内容を審査しています。委員名簿や審査結果は当社ウェブサイトで公開し、透明性を確保しています。

動物実験に対する配慮

 シスメックスは、グローバルコンプライアンスコード「4-4 動物実験」に定めているとおり、動物愛護に関する各国・地域の法令などを遵守し、代替法の使用を優先的に検討した上で必要最小限にとどめるとともに、苦痛を軽減するよう十分配慮し、動物実験を行っています。動物実験は公的な指針に準拠した社内規程に従って実施され、「実験管理委員会」により実験計画が規程に準拠しているかを厳格に審議しています。
 準拠している指針:動物の愛護及び管理に関する法律(環境省)、実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準(環境省)、研究機関等における動物実験等の実施に関する基本指針(文部科学省)、動物実験の適正な実施に向けたガイドライン(日本学術会議) 

公正なマーケティング活動

 グローバルでのプロモーション活動では、グローバルコンプライアンスコード「2. 公正な取引と自由な競争の推進」において、マーケティングにおける倫理コードを制定しています。世界各地域では、各国の業界基準や自社で制定した基準に基づいた公正なマーケティング活動を推進しています。
 日本での活動については、「シスメックスプロモーションコード」を制定しています。2020年度には、日本・東アジア地域本部の営業部門約200名に対し、「最近の不祥事例」「販売情報提供活動について」「入札・談合に関わる法令の基礎知識」など、プロモーションコードに基づいた研修を行いました。

税務戦略

 シスメックスは、税の透明性の向上を図るため、グローバルコンプライアンスコードにおいて「7. 適正な会計処理と納税の実施」を定めています。その中で、国外関連者との取引に関しては、OECD移転価格ガイドラインや各国の移転価格税制などに準拠した適切な移転価格を算定することや、恣意的な租税回避を目的としたタックスヘイブンの利用は行ってはならないことを定めています。
 また有価証券報告書などにおいて、グループとしての法人税の納税額を開示するとともに、法定実効税率との差異要因についても開示しています。

英国における税務戦略(英語のみ)

知的財産権の尊重

 シスメックスは、自社の知的財産権と同様に第三者の知的財産権を尊重しています。不正な方法で第三者の成果や営業秘密を入手したり、自らの業務に利用したりしないことを、グループの全役員・従業員が遵守すべきルールとして、グローバルコンプライアンスコード「5. 知的財産権の尊重」に定め、このルールの周知徹底を図っています。また、新製品開発においては、知的財産部門、研究開発部門、事業推進部門などのメンバーがグローバルにパテントレビューを実施し審議しています。

安全保障貿易の推進

 シスメックスでは、グローバルコンプライアンスコード「6. 国際的な平和と安全の維持」で各国・地域の輸出関連法令等を遵守し、国際的な平和と安全の維持を阻害する恐れのある取引に関与しないことを定めています。不正輸出を防止するため取締役社長直轄の安全保障貿易管理委員会を設置しています。さらに、海外の統括現地法人にも安全保障貿易の管理担当者を置き、グローバルでの運営体制を構築しています。また、年1回、全従業員を対象とする基礎的なeラーニングのほか、最新の世界情勢および法規制に関する講習会などさまざまな教育を継続的に実施し、安全保障貿易管理に対する意識向上を図っています。