ガバナンス

リスクマネジメント体制

リスクマネジメント体制

委員会を設置してリスクマネジメントを推進

 シスメックスでは、グループ全体のリスクマネジメント活動を統括する組織として、内部統制委員会を設置し、戦略リスクも加えたリスク全般に関するマネジメント活動を推進しています。委員長は取締役社長が務め、担当執行役員、監査等委員(社外取締役を除く)をメンバーとし、社外取締役がオブザーバーを務めています。
 委員会では、公正な取引、腐敗やビジネス倫理を含むコンプライアンス、人材、労働安全衛生、環境、納税を含む会計・財務などの項目についてリスク評価を定期的に実施し、グループとして事業に与える影響が大きなリスクを特定して対策を講じています。
 また、コンプライアンス委員会などの関連委員会および各部門・関係会社が実施するリスクマネジメントの状況をモニタリングし、定期的に取締役会に報告するとともに、グループ経営に重大な影響を及ぼすリスクが発生した場合についても、取締役会に報告しその対応について審議するなど、継続的にPDCAを回しています。