経営方針

トップメッセージ

売上高・営業利益・当期利益*ともに過去最高を達成しました

売上高は、中国・AP地域が2桁伸長するなど全地域で増収

営業利益は、インフレの影響を受けるも、増収による粗利増加で増益

ステークホルダーの皆様におかれましては、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

2024年5月
シスメックス株式会社
代表取締役社長

当社グループの2024年3月期通期の業績は、現地生産を推進した中国および新興国を中心に伸長し、全地域で増収を達成しました。営業利益は、インフレなどの影響を受けるも、増収による粗利の増加により、増益となりました。
 
売上高は前年同期比12.4%増、営業利益は同6.4%増、当期利益は8.4%増となり、いずれも過去最高を達成。なお、前年同期の為替レートを適用した場合、売上高は前年同期比7.3%増、営業利益は同5.4%減となります。
 
事業別で見ると、ダイアグノスティクス事業は、中国でヘマトロジー分野の機器の現地生産が進展し伸長したほか、各地域で複数分野の機器設置台数が増加。これを受けて尿・血液凝固・免疫分野の試薬も伸長しました。メディカルロボット事業は、手術支援ロボット「hinotori™サージカルロボットシステム」のバージョンアップモデルを評価いただき、2024年3月期は20台が導入されました。累計症例数は4,225例となり、手術数も順調に推移しています。また今期は呼吸器外科への適応が承認されたことで、さらなる症例数の増加が期待できます。

 

202年3月期の連結業績予想につきましては、売上高は5,100億円、営業利益は870億円、当期利益は550億円を見込んでいます。

配当につきましては、2円増配し、1株につき年間30円を予定しております(分割前ベースで6円の増配)。

ステークホルダーの皆様には、今後ともより一層のご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

詳細は 2024年3月期の決算プレゼンをご参照ください。(リンク



*当期利益:親会社の所有者に帰属する当期利益。

*ヘマトロジー分野:血液中の赤血球や白血球などの数や種類、大きさを分析することにより、精密な検査が必要かどうかを判断するための検体検査分野。

※ 想定為替レート:1USドル=147.0円、1ユーロ=158.0円、1中国元=20.4円で算出