シスメックス株式会社

ナビゲーションをスキップして本文へ移動します。

検索メニュー

企業基本情報

沿革

ヘルスケアの新しい姿を求めて、世界初の技術や独自の研究開発をすすめ、つねに可能性を拡げてきたシスメックスグループの沿革をご紹介します。

1960年代

国内初の自動血球計数装置
「CC-1001」実用化成功。

1961年6月
東亞特殊電機株式会社(現TOA株式会社)が医用電子機器業界へ進出方針決定
研究室を新設し、3人の技術者が調査を開始
1963年12月
国内初の自動血球計数装置「CC-1001」実用化成功。
1966年1月
自動血球計数装置「CC-1002」発売
1967年7月
電気メーカーとして初めて開発した試薬 希釈液「セルキット」・溶血剤「サポニン-S」を発売
1968年2月
東亞特殊電機株式会社が製造する医用電子機器の販売会社として、
東亞医用電子株式会社を設立
企業基本情報へ戻る