シスメックス株式会社

ナビゲーションをスキップして本文へ移動します。

検索メニュー

企業基本情報

沿革

ヘルスケアの新しい姿を求めて、世界初の技術や独自の研究開発をすすめ、つねに可能性を拡げてきたシスメックスグループの沿革をご紹介します。

1990年代

ヘマトロジーシステムを発売。

グローバル化、世界へ進出。

1990年8月
世界で初めて血球計数・白血球分類、網血球計数測定から塗末標本作製までを完全自動化したヘマトロジーシステムを発売
1991年2月
兵庫県小野市に小野工場(現シスメックス国際試薬株式会社 小野工場)を新設し、試薬生産部門を移転
1991年5月
英国現地法人TOA MEDICAL ELECTRONICS(UK)LTD.(現Sysmex UK Limited)設立
1992年7月
シスメックスTMC株式会社設立
1993年7月
欧州試薬生産拠点ノイミュンスター工場新設
1993年12月
米国現地法人SYSMEX CORPORATION(現Sysmex Reagents America, Inc.)設立

多項目自動血球分析装置「SE-9000」発売
1995年3月
ドイツ現地法人 SYSMEX GMBH DEUTSCHLAND(現 Sysmex Deutschland GmbH)設立
 
デイドインターナショナル社(現シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス株式会社)と血液凝固製品の販売に関する業務提携を締結
1995年6月
中国に合弁会社 済南東亞医用電子有限公司(現 済南希森美康医用電子有限公司)設立
1995年7月
国際的品質保証規格である「ISO9001」認証を取得
1995年11月
大阪証券取引所市場 第二部上場
1995年11月
世界で初めて尿沈渣検査を全自動化した全自動尿中有形成分分析装置「UF-100」を発売

東京証券取引所第二部へ上場。

1996年7月
東京証券取引所市場 第二部上場
1997年2月
米国現地法人 SYSMEX INFOSYSTEMS AMERICA, INC. (現 Sysmex America, Inc.)設立
1998年2月
シンガポール現地法人 SYSMEX SINGAPORE PTE LTD. (現 Sysmex Asia Pacific Pte Ltd.) 設立
1998年4月
マレーシア現地法人 Sysmex (Malaysia) Sdn Bhd設立
1998年5月
F・ホフマン・ラ・ロシュ社(スイス)と販売協力および共同研究開発に関するグローバルな業務提携に基本合意
1998年7月
インドに機器・試薬の生産を目的とした合弁会社 SYSMEX TRANSASIA BIO-MEDICALS PRIVATE LTD.(現 Sysmex India Pvt. Ltd.) 設立

医療用具の品質保証に関する国際規格「ISO13485」および欧州規格「EN46001」の認証を取得

本社移転。

1998年10月
「シスメックス株式会社」に社名変更、本社を神戸市東部新都心に移転
1998年12月
ブラジル現地法人 Sysmex do Brasil Industria e Comercio Ltda.設立
1999年2月
多項目自動血球分析装置「XE-2100」を発売
1999年4月
世界初、末梢血管モニタリング装置ASTRIM(アストリム)を発売
1999年7月
タイ現地法人Sysmex (Thailand) Co., Ltd.設立
1999年12月
香港現地法人 希森美康香港有限公司設立
企業基本情報へ戻る