シスメックス株式会社

ナビゲーションをスキップして本文へ移動します。

検索メニュー

CSR(企業の社会的責任)

マテリアリティ
環境への配慮

課題認識

地球環境問題は、持続可能な社会を実現していく上で喫緊の課題といわれています。COP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)で採択された「パリ協定」では、地球温暖化防止に向けて世界の全ての国や地域がCO2排出量削減のための目標を設定し、その達成に向けた対策を講じることが義務付けられました。また、天然資源の枯渇が深刻化しており、循環型社会への対応も重要な課題の一つとして挙げられています。

これらの状況を踏まえ、2015年9月に国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」においても、環境問題の解決のための目標が多数掲げられており、政府のみならず、企業も一定の責任を果たすことが求められています。

シスメックスのアプローチ

シスメックスは、グローバルに事業を展開する企業として、深刻化する地球環境問題への対応を優先的に取り組むべき課題の一つとして捉え、長期環境目標「シスメックスグループ環境行動計画(シスメックス・エコビジョン2020)」を策定し、製品ライフサイクルにおける環境配慮と事業所活動における環境負荷低減に取り組んでいます。特に、製品ライフサイクルにおける環境配慮の取り組みは、コスト低減や市場での競争優位性確保だけではなく、お客様製品使用時の環境負荷低減にも貢献できると考えています。

具体的な活動として、製品ライフサイクルでは、環境配慮製品の開発や、物流プロセスにおけるCO2排出量削減、梱包材の削減などを進めています。また、事業所から排出されるCO2削減やリサイクル率の向上に向けた施策をグローバルに展開しています。

今後も、持続的な成長と、重要な社会課題である環境負荷低減の両立に努めていきます。

活動実績

環境マネジメント

マテリアリティ

その他CSR活動

生物多様性保全
CSRへ戻る