Sysmex Journal Web

2005年Vol.6 No.3

論文

日常検査への新規D ダイマー試薬の導入を目的とした臨床評価

著者

北川 ミヤ*1, 越智 賢太*1, 藤井 方仁*1, 山口 和美*1, 飯田 正彦*1, 林 寿郎*1, 野口 寛子*2,
笠井 年和*2, 新井 信夫*2, 船越 國宏*2, 藤本 敬二*2

*1 大阪厚生年金病院 中央検査室
*2 シスメックス株式会社 学術本部

Summary

最近,各社メーカーから多くのFDP・Dダイマー試薬が販売され,改良等も盛んに行われている. 今回,シスメックス株式会社より新たに発売されたDダイマー測定試薬( リアスオート・Dダイマーネオ )の性能評価を,実施した。リアスオート・Dダイマーネオは,基本的性能( 同時再現性,日差再現性,希釈直線性,最小検出感度等 )は,良好であった. 対照であるエルピアエースD-Dダイマーとも測定値の互換性があり,臨床症例において病態把握のための指標として使用できることが分かった. リアスオート・Dダイマーネオは,対照試薬に比較して,非特異反応に対しても改良がなされており,また,高分子のDダイマー分画との反応性が向上している. 日常検査において臨床症状を良く反映できる試薬である.

Key Words

Dダイマー, プラスミン分解, フィブリン, D分画, ラテックス凝集法