Sysmex Journal Web

2011年Vol.34 Suppl.2

論文

多項目自動血球分析装置 XN-Series における新規血小板測定チャンネルを用いた低値域血小板測定性能の検討

著者

片桐 尚子*1, 荒井 智子*1, 谷田部 陽子*1, 清水 長子*1, 林 文明*2, 田中 千晶*2, 三ツ橋 雄之*3,
村田 満*3

*1 慶應義塾大学病院 中央臨床検査部
*2 シスメックス株式会社 学術本部
*3 慶應義塾大学医学部 臨床検査医学

Summary

近年,多項目自動血球分析装置においては多彩な機能が搭載された機種が開発されている.これらの進歩とともに,より高性能な検査機能や検査室のニーズに適合する多様なシステムが望まれる.今回,多項目自動血球分析装置XN-1000 ( シスメックス社 ) を試用する機会を得て,新規搭載機能である蛍光色素を用いたPLT-F ( fluorescence ) チャンネルによる血小板測定法を中心に基本的性能について検討を行った.同時再現性,希釈直線性,キャリーオーバー,相関性は良好な結果が得られた.血小板計数性能の検討においては,Cell-Dyn 専用抗CD61 抗体を用いてCell-Dyn Sapphire ( アボット社 ) にて測定を行い,本装置との比較を行った.血小板低値域における同時再現性
( CV% ) の結果はPLT-I ( impedance ),PLT-O ( optical ) に比較し,PLT-F は最も良好であり,精密度の高い結果であった.また,抗CD61 抗体を用いた免疫学的方法との相関性の検討では,PLT 低値領域も含め,PLT-F はPLT-I,PLT-O よりも良好な相関が得られ,正確度の優れた結果であった.本装置は高性能な検査機能を持ち,機能性に優れた次世代多項目自動血球分析装置として期待できる.

Key Words

多項目自動血球分析装置, XN-1000, 基礎性能, 新規血小板数測定法