Sysmex Journal Web

2011年Vol.34 Suppl.2

論文

多項目自動血球分析装置XN-Series の概要

著者

越智 康浩*1, 丸木 佳子*1, 賈 宇*1, 林 文明*1, 仲井 里枝*1, 近藤 民章*1, 森川 隆*1, 中村 洋一*2,
内橋 欣也*2, 長井 孝明*2

*1 シスメックス株式会社 学術本部
*2 シスメックス株式会社 商品開発第一本部

Summary

今回発売したXN シリーズは,従来製品よりもさらに「ユーザビリティの向上」,「クリニカルバリューの向上」を実現した多項目自動血球分析装置である.

本シリーズは,6 種類の測定モジュールとサンプラユニットとの組み合わせにより,検査室の幅広い用途に対応できるシステムとなっている.さらには,
・人手を介さない自動再検機能
・SNCS ( Sysmex Network Communication Systems ) による故障予防診断機能の強化とオートキャリブレーション機能の追加
・試薬調製装置RU-20,濃縮試薬の導入およびカートリッジ式試薬容器の採用による試薬交換頻度の低減と操作性向上・紙パック容器の採用による環境への配慮などにより,検査の効率化,省力化を図っている.

一方,測定系においては,
・白血球総数と有核赤血球を同時に測定できるWNR チャンネル
・フローサイトメトリー法 ( 以下,FCM 法) にて白血球系異常細胞の検知を目的としたWPCチャンネル
・血小板を特異的に染色し低値域における測定精度向上を可能としたPLT-F チャンネル
を新規搭載し,より付加価値の高い情報提供を実現している.

このように,XN シリーズは,多様化する検査ニーズに対し,「ユーザビリティ」,「クリニカルバリュー」の両面から新しい提案を行う多項目自動血球分析装置である.

Key Words

多項目自動血球分析装置, XN-1000, XN-2000, クリニカルバリュー, ユーザビリティ, 自動再検機能, 白血球低値検体, 血小板低値検体, サイレントデザイン, モジュールコンセプト, 濃縮試薬