Sysmex Journal Web

2018年Vol.19 No.2

論文

全自動血液凝固測定装置 CS-5100に搭載された新規解析法のグレーティングカーブに対する有用性検討と検査ワークフローへの効果検証

著者

樋口 正一*1, 大橋 恵子*1, 中村 岬*1, 高橋 裕*1, 小黒 徳也*1, 北野 圭介*2, 坂寄 輔*2, 水沢 直人*1, 阿部 博史*3

*1 医療法人 立川メディカルセンター 立川綜合病院 臨床検査科
*2 シスメックス株式会社 第一エンジニアリング本部
*3 医療法人 立川メディカルセンター 立川綜合病院 脳神経外科

Summary

当院では抗血小板薬の薬効評価を目的として,血小板凝集能検査半自動装置に搭載されている4 濃度法の解析指標としてGrade Type ( 以下,G-Type ) を使用している.このたび全自動血液凝固測定装置CS-5100 ( シスメックス;以下,CS-5100 ) に血小板凝集能検査の研究用の新規解析指標であるPlatelet Aggregation Level ( 以下,PAL ) が搭載された. そこでCS-5100 のADP 試薬によるADP induced PAL ( 以下,APAL ) とコラーゲン試薬によるCollagen induced PAL ( 以下,CPAL ) に対して,各試薬によるG-Type を比較することにより相関性検討を行った.また,CS-5100 で試薬と検体の分注が自動であることによる検査ワークフローへの効果検証を行った.相関性検討の結果,APAL との相関係数はr=0.78 となり,CPAL との相関係数はr=0.88 となった.またCS-5100 を使用することにより実質作業時間が1 検体測定時に3 分以上,3 検体連続測定時に12 分以上短縮された.凝固検査の汎用装置であるCS-5100 にPAL が搭載されたことで,PAL の臨床有用性,臨床実用のエビデンスが集積されれば,さらなる血小板凝集能検査の広がりや検査ワークフローの改善が期待される.

Key Words

血小板凝集,抗血小板薬,PAL ( Platelet Aggregation Level ),G-Type ( Grade Type )