Sysmex Journal Web

2014年Vol.15 No.2

論文

多項目自動血球分析装置XN-3000 の検査業務効率に及ぼす改善効果 2.インテリジェント性能の観点より

著者

濵田 悦子*1, 前川 真人*1,2

*1 浜松医科大学医学部附属病院 検査部
*2 浜松医科大学医学部 臨床検査医学講座

Summary

新規に導入した,多項目自動血球分析装置XN-3000 ( 以下,XN-3000;シスメックス社 ) および検査・検診情報システムCNA-Net ( 以下,CNA-Net;シスメックス社 ) に関してその有用性を評価した.以前の検討で我々はその基本性能および新規搭載測定法の性能が良好であることを確認した.本稿ではXN-3000 とCNA-Net で構成される血液総合システムの有用性について評価を実施した.血液総合システムの活用により,従来必要であった血液塗抹標本作製が自動となり,業務削減が可能となり業務効率が格段と向上した.本装置は高性能な検査能力を持ち,機能性にも優れているだけでなく自由度が高い多項目自動血球分析装置として,期待した通りの能力を有していた.また,熟練者が少ない検査室では特に有用と思われる.

Key Words

多項目自動血球分析装置XN-3000, CNA-Net, インテリジェント性能, 業務効率