Sysmex Journal Web

2009年Vol.10 No.2

論文

全自動血液凝固測定装置CS-2100i の評価

著者

池田 眞由美*1, 鷹箸 孝一*1, 瀬出井 美智子*1, 伊東 京子*1, 新保 敬*1, 及川 信次*1, 宮本 和典*1,
菱沼 昭*1,2, 家入 蒼生夫*1,2

*1 獨協医科大学病院 臨床検査部
*2 獨協医科大学 臨床検査医学
*3 シスメックス株式会社 北関東支店

Summary

全自動血液凝固測定装置CS-2100i ( シスメックス社;以下,CS-2100i ) は全自動血液凝固測定装置Coagrex-800( シスメックス社;以下,CR-800 ) の後継機として開発された血液凝固・線溶検査測定機器である. 我々は,CS-2100i を用いた血液凝固・線溶検査について基礎的検討を行い,その有用性を評価した.

精密度,分析感度および希釈直線性 ( FDP,D ダイマー ) などについての基礎的検討結果は良好であった.

CR-800 の測定値との乖離はほとんど見られなかった. CS-2100i は全量2mL 用ベノジェクトⅡ真空採血管 ( 3.13%クエン酸Na 加,テルモ社 ) を用いた場合,血漿最低必要量は所要検体量 ( PT では50μL ) +650μLであり,血漿量が少ない検体を測定する場合には,微量モードでの測定が有効と思われた. 測定エラー発生時には,データや反応曲線,検体の確認を行うことで,異常反応の誤報告を防止でき,測定結果の信頼性が向上するものと思われる.

CS-2100i は画面操作性に優れ,本機の導入によって測定作業が改善するとともに,随時追加可能な検体ラック方式・キャップピアッシング対応サンプリングによって操作の効率性・安全性が高まった.

Key Words

全自動血液凝固測定装置, CS-2100i , キャップピアッシング