研究開発

技術表彰

令和3年度全国発明表彰「発明賞」を受賞

 シスメックス株式会社は、このたび、「検査速度を向上するための血球分析装置の複装化の発明」について、公益社団法人発明協会主催の令和3年度全国発明表彰において「発明賞」を受賞しましたのでお知らせします。これにより、シスメックスは2年連続で全国発明表彰の受賞となりました。
 
 全国発明表彰は、大正8年、日本国内の科学技術の向上と産業の発展に寄与することを目的に始まり、多大な功績を挙げた発明、考案、または意匠、あるいは、その優秀性から今後大きな功績を挙げることが期待される発明等が表彰されています。

【受賞内容】
  受賞名: 令和3年度全国発明表彰 発明賞
  受賞発明の名称: 検査速度を向上するための血球分析装置の複装化の発明
(特許第5198095号)
  受賞者: 長井 孝明、濱田 雄一、芝田 正治
  業績名: 本発明は、2つの測定ユニットと、これらに検体ラックを往復搬送する搬送ユニットを一体化した1つの血球分析装置に関するものです。
従来、検体処理能力を向上させ大量の検体の検査を行うために、複数の測定装置を大規模な搬送装置で接続して大型の血球分析システムが知られていました。分析装置の台数を追加すれば検体処理能力は向上するものの、追加台数分の設置面積が増加します。そのため、医療施設の限られた設置スペースの中で、検査の生産性向上と同時にコンパクトな血球分析装置の提供が望まれていました。
本発明では、隣接して設置された2つの測定ユニットと、2つの測定ユニットが同時並列的に検体処理を実行できるように検体を振分搬送する搬送ユニットを一体化させることで、血球分析装置の大幅なコンパクト化と同時に、単位時間あたりの検体処理数を大幅に増やし検査の生産性を向上させることが可能となりました。

本発明を適用した多項目自動血球分析装置

以上
  • プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
    その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

技術表彰へ戻る