Sysmex Journal Web

2006年Vol.7 No.3

製品紹介

全自動尿中有形成分分析装置UF-1000i の概要について

著者

田中 庸介*1, 井上 淳也*2, 東野 良昭*3

*1 シスメックス株式会社 診断システム開発本部
*2 シスメックス株式会社 診断薬開発本部
*3 シスメックス株式会社 学術本部

Summary

日本では,尿検査を取り巻く環境がドラスティックに変化している. 尿沈渣検査法提案指針GP1‐P3での尿中赤血球形態の判定基準に関する改訂試案がJCCLSから出され,また,2005年12月に血尿診断ガイドラインが制定されるなど,尿検査の標準化が進んでいる.

そのような中,2006年度の診療報酬が改定され, D002-2『フローサイトメトリー法による尿中有形成分定量測定』が加えられた. これまで,全自動尿中有形成分分析装置UFシリーズ ( シスメックス社 ) での検体測定時の診療報酬には,尿沈渣鏡検が適用されてきたが,今回の改訂により明確にフローサイトメトリーでの尿中有形成分の測定が認められたことになる.

UFシリーズは,UF-100 が1995年に発売されて以来,2006年3月末時点で出荷台数 3000台を越え,ヨーロッパ,アメリカ,アジア,そして日本とワールドワイドに使用されている装置である.

この度,UF-100 および UF-50の後継装置として,UF-1000i を2006年5月に発売した. 本稿では,その開発コンセプト,原理,技術などについて紹介する.