Sysmex Journal Web

2004年Vol.5 No.2

論文

免疫凝集測定装置PAMIA-40i によるHBs 抗原及びTP 抗体全血測定の基礎的検討

著者

島 英明, 広瀬 和彦, 宇津木 道弘

東京医科大学病院 中央検査部

Summary

全血試料を用いてHBs抗原,TP抗体測定を可能にした免疫凝集測定装置PAMIA-40i ( シスメックス社 )の基本的性能の評価を行った.

再現性,血清試料を用いた測定結果との一致率,CBC異常検体における本測定法への影響などを検討した結果,満足できる基本性能が認められた.

本法は測定開始から報告までが約17分と短時間で完了し,操作性も簡便であるところから,特に緊急検査に有用な検査方法であると考えられた.

Key Words

免疫凝集測定装置, PAMIA, 迅速測定, 全血, 血清, HBs抗原, TP抗体