Sysmex Journal Web

2002年Vol.3 No.2

論文

URISYS 2400 尿自動分析装置の検討 - 日本国内標準反射率レンジ設定の試み -

著者

高橋 勝幸*1, 福田 嘉明*1, 中山 篤志*2, 石井 剛*2

*1 日本大学医学部附属板橋病院 臨床検査部
*2 シスメックス株式会社 学術部

Summary

URISYS 2400 尿自動分析装置の日本国内標準レンジ設定を行い,この設定に基づく測定結果について評価を行った. 本検討で設定した国内標準レンジ設定による測定値は,従来機種と互換性があり,しかもブドウ糖・蛋白・潜血については定量法等との比較により正確度の高い測定結果が得られることが示唆された. また基礎検討の結果においても,精密性が高く,安定性の高い検査成績が得られることが示唆された.

Key Words

尿定性試験紙, URISYS 2400, 自動化, 基礎検討, 標準レンジ