Sysmex Journal Web

2002年Vol.3 No.1

総説

再生医療の現状と課題

著者

中畑 龍俊

京都大学大学院 医学研究科 発生発達医学講座

Summary

近年のヒトゲノム研究の膨大な成果は,生命科学の進歩に大きく貢献し,人類の健康や福祉の発展,新しい産業の育成等に重要な役割を果たそうとしている. 21世紀は「生命科学」の時代になると言われる. ヒトゲノムのドラフト配列が明らかにされ,現在研究の重点は遺伝子情報の機能的解析に移っている. また,最近の分子生物学,細胞生物学,発生学の発展により様々な生物現象の本質が分子レベル,個体レベル両面から明らかにされつつある. 今後は,これらの基礎研究から得られた成果が効率良く臨床応用され,不治の病に苦しむ患者さんに新しい治療法が提供されてゆくことが望まれている. 従来の医療は,臓器障害をできるだけ早期に発見し,その原因の除去及び生体防御反応の修飾により,障害を受けた臓器の自然回復を待つものであった。しかしながら,臓器障害も一定の限度を超えると不可逆的となり,臓器の機能回復は困難となる。このような患者に対して障害を受けた細胞,組織,さらには臓器を再生し,あるいは人為的に再生させた細胞や組織などを移植したり,臓器としての機能を有するようになった再生組織で置換することで,治療に応用しようとする再生医療の開発に向けた基礎研究が盛んに行われつつある.

既に世界的に骨髄,末梢血,臍帯血中の造血幹細胞を用いた移植が盛んに行われ,様々な難治性疾患に対する根治を目指す治療法としての地位が築かれている. このような造血幹細胞移植はまさに再生医療の先駆けと位置づけることができ,さらに造血幹細胞を体外で増幅する研究が盛んに行われ,増幅した細胞を用いた実際の臨床応用も開始されている. 最近,わが国においては心筋梗塞の患者に対して自家骨髄を直接心臓組織内に移植したり,閉塞性動脈硬化症( ASO ),バージャー病に対しても自己の骨髄細胞を用いた治療が行われるなど,再生医療は爆発的な広がりを見せようとしている. しかし,今後,わが国で再生医療を健全な形で進めていくためには,倫理性,社会性,科学性,公開性,安全性に十分配慮して進める必要があり,そのための指針作りが緊急の課題となってきている. 本稿ではわが国における再生医療の現状と問題点について述べてみたい.

Key Words

再生医療, 体性幹細胞, 胚性幹細胞, 造血幹細胞