Sysmex Journal Web

2011年Vol.34 Suppl.3

製品紹介

全自動血液凝固測定装置CS-5100の概要

著者

向出 佳恵

シスメックス株式会社 学術本部

Summary

当社は,30年前から凝固装置の開発に取り組み,この間にお客様のニーズに合わせた様々な装置をCAシリーズとして展開し,現在,全世界で20,000台以上をご使用いただいている.2006年にはCA シリーズの後継機種として,多波長測光によるマルチウェーブ検出方式を採用することで,測定項目の充実や測定前のサンプルクオリティーチェックといった新しい機能を搭載した全自動血液凝固測定装置CS-2000i / 2100i  ( 以下,CS-2000i / 2100i ) を販売した.

近年,ターンアラウンドタイム ( Turn around time; TAT ) の短縮および血栓症に関連する検査へのニーズがさらに高まってきており,これらの状況を踏まえて開発されたのが全自動血液凝固測定装置CS-5100 ( 以下, CS-5100 ) である.CS-5100はCS-2000i / 2100i と共通のプラットフォームを有した上で,最大400テスト/時間の高速測定処理が可能であり,キャップピアシングと微量サンプリングの両方に対応するなど,ユーザビリティのさらなる向上を実現した装置である.