Sysmex Journal Web

2011年Vol.34 Suppl.3

製品紹介

全自動血液凝固測定装置CA-600シリーズの概要

著者

岸本 哲也

シスメックス株式会社 学術本部

Summary

近年,血栓症および血栓形成を主因とする疾患が増加傾向にある中,血液凝固検査の重要性も増してきており,測定依頼件数の増加や測定項目の多様化が見られている.このため,大規模な検査室においては,多項目多検体処理の血液凝固分析装置のニーズが高い.その一方で,小規模な検査室や緊急検査では,操作が簡便で低価格な小型の全自動装置のニーズが高く,大規模な検査室においてもメイン装置のバックアップ機として使用されることが多い.

我々は,凝固検査に必要な機能をコンパクトに凝集した世界最小クラスの全自動血液凝固測定装置CA-500シリーズを1998年に上市し,現在までに全世界で10,000台以上の採用実績を持っている.今回,この実績のあるCA-500シリーズの基本プラットホームを継承し,外観デザインの一新とユーザビリティの向上を図った全自動血液凝固分析装置CA-600シリーズを新たに発売した.