Sysmex Journal Web

2011年Vol.34 Suppl.2

論文

多項目自動血球分析装置XN-Series における低濃度白血球測定モードによる白血球測定の信頼性評価

著者

田中 雄三*1, 田中 由美子*1, 坂入 和豊*1, 太田 光子*1, 中沢 渚*1, 和田 典子*1, 権藤 和美*1,
瀬戸 享往*1, 丸木 佳子*2, 仲井 里枝*2, 田中 千晶*2, 松下 弘道*3, 宮地 勇人*3

*1 東海大学医学部付属病院 臨床検査技術科
*2 シスメックス株式会社 学術本部
*3 東海大学医学部 基盤診療学系臨床検査学

Summary

新規に開発された多項目自動血球分析装置XN-2000 ( シスメックス社 ) の基礎的性能評価を行った.血球数計数において同時再現性,経時的安定性,希釈直線性,現行機との相関は良好であった.新たな機能として白血球数とNRBC ( 有核赤血球 ) の同時測定が可能で,全検体の白血球数に対しNRBC 補正が行われる.これによりWBC の真値報告が可能となった.また,新たに搭載されたLow WBC ( LW ) mode は,WBC カウント数をWhole blood ( WB )mode の3 倍に増やし,低値域での精度向上が図られていた.PLT-F チャンネルは蛍光色素を用いて血小板を測定し,特に低値域での血小板計数の精度向上が図られていた.XN-2000 は日常検査業務において有用性の高い多項目自動血球分析装置と考えられた.

Key Words

多項目自動血球計数装置, XN-Series, PLT-F, Low WBC mode