Sysmex Journal Web

2011年Vol.34 Suppl.2

総説

骨髄異形成症候群の予後因子としての血小板関連指標の意義

著者

西郷 勝康*1, 礒野 雪妃*2, 炬口 真理子*1

*1 姫路獨協大学 薬学部
*2 加古川市民病院 検査部

Summary

骨髄異形成症候群 ( Myelodysplastic syndrome; MDS ) には各種の病型がありその予後も様々である.しかしながら病型のみからその症例の予後が必ずしも推測できるものではない.様々な予後推測モデルが提唱され,臨床的に広く用いられているものもあるが,今回血小板関連の指標に注目し,その予後推測因子としての意義について考察した.

Key Words

MDSの予後因子, 血小板数, MPV, 血小板凝集能, 幼若血小板 ( IPF )