Sysmex Journal Web

2001年Vol.2 No.1

レポート

21世紀の検査室展望

著者

林 正好

シスメックス株式会社 事業推進本部

Summary

2001年, いよいよ新世紀の到来である. 昨年はコンピューターの2000年問題という大騒ぎのなか幕が開いたが, 振り返れば20世紀後半はコンピューターの勃興と進展に人類は否応なく歩を合わせていった時代といえる. では, この 21世紀はどのような足跡を残す時代になるのであろうか? おそらくはコンピューター( あるいはそれに代わるもの )で時間と場所, 個人と社会の関係が極端に縮められ, 近づくといった高効率化社会になると推測する. このことは医療というフィールドに於いても同様であり, 突き詰めていけば医療が20世紀に積み残した様々な課題の解決の糸口が見えてくるのではないだろうか. 本稿では「 IT 革命 」をキーワードに, 近未来の医療・検査について想像を交えながら述べてみたい.

Key Words

IT ネットワーク, ヘマトロジーシステム