Sysmex Journal Web

2022年Vol.23 No.1

学術セミナー

小児白血病における微小残存病変 (MRD)

著者

多賀 崇

滋賀医科大学 小児科 病院教授

Summary

第44回シスメックス学術セミナー講演の説明資料です。(2022年6月4日(土)開催)
セミナーの詳細につきましては上記リンクよりご確認ください。

近年,小児白血病は,最も頻度の高い急性リンパ性白血病 (ALL) を中心に,多くが治癒を目指せるようになっている。その一方で,再発難治例も少なからず存在し,これらを早期に見出し,予想される予後に応じた層別化治療を行うことが重要である。治療層別化因子としては,白血病の病型,遺伝子異常などに加え,治療反応性が用いられているが,近年その治療反応性の評価指標として注目されているのが,微小残存病変 (以下,MRD) である。MRDは,形態学的寛解時に“寛解の深さ”を測るもので,測定方法としてはマルチカラーフローサイトメトリー (FCM) 法,キメラ遺伝子あるいは白血病細胞特異的異常に基づくPCR法によるものが主流である。小児白血病治療の歴史的変遷を提示しながら,MRD研究の現状,将来などについて講演する。