Sysmex Journal Web

2014年Vol.15 No.1

レポート

免疫抑制剤療法の経過中にHBs 抗原検査が有効であった1例

著者

春成 姿子, 赤尾 昭子, 佐々木 由香, 田島 正輝, 大島 泉

地方独立行政法人神奈川県立足柄上病院 検査技術科

Summary

近年,HBV既住感染者において免疫抑制剤,化学療法による治療中にHBVが再活性化することが問題となり,2009年にB型肝炎対策ガイドラインが提示された.今回,リウマチ患者においてウイルス増殖によるHBV再活性化を認める症例を経験したので報告する.

症例
 64歳女性.当院内科にて糖尿病を治療中.他院にてリウマチ治療.
 2012年6月,糖尿病性白内障のため,内科より紹介され当院眼科を受診.
 手術前の感染症検査を実施した.