Sysmex Journal Web

2014年Vol.15 No.1

論文

全自動血液凝固測定装置CS-5100 の検討

著者

横山 裕子, 乾 ゆう, 布施 倫代, 丹羽 理代子, 後藤 佳代, 川北 富久美, 内木 隆文, 山田 鉄也

岐阜市民病院 診療局中央検査部

Summary

全自動血液凝固測定装置CS-5100 ( 以下,CS-5100;シスメックス社 ) を用いた血液凝固・線溶検査の基礎的検討と全自動血液凝固測定装置CA-7000 ( シスメックス社 ) との比較検討を行った.CS-5100 の基本的性能は良好であった.特に,ATⅢにおいては試薬の蒸発を防止する試薬キャップを装着したことで,8日間のオンボード安定性が認められた.また,Fbg とDD の直線性においては大幅に向上した結果が得られた.

CS-5100 は,日常検査のみならず緊急検査の24 時間体制に充分対応できるものと思われ,本装置の有用性が確認できた.

Key Words

試薬キャップ, 試薬のオンボード安定性, 直線性の向上