Sysmex Journal Web

2011年Vol.12 No.2

その他

「ISO 15189 で臨床検査室を再構築する」 - 第6回 ISO 15189 設備管理委員会の取り組み -

著者

合原 麗子

聖マリア病院 中央臨床検査センター 設備管理委員会委員長・主任

Summary

聖マリア病院中央臨床検査センターではISO 15189認定取得に向け8つの小委員会を発足させ活動してきた.その中の1つである設備管理委員会は,“正しい検査結果を得るために,検査設備を管理する”ことを目的として設立された.設備管理委員会の構成員は各部門から最低1名が選出され,検査センター内の共通の検査設備と自部門の検査設備の管理を担当している.なお,ISO 15189では検査結果に関わるものは全て検査設備として捉えられるため,装置,標準物質,消耗品,試薬,分析システムが含まれる.当委員会では,試薬・消耗品の保管,および装置に付随するものの管理を行っている.百の施設があれば,百通りの管理方法が存在する.ISO 15189の要求事項を踏まえ,それぞれの施設の実情にあった管理方法を構築する必要がある.ISO 15189認定を取得するために設備管理委員会として取り組んできたこと,さらに現在の活動状況について紹介するとともに,今後の課題や方向性について触れたい.