Sysmex Journal Web

2011年Vol.12 No.1

論文

CD71 陽性網赤血球におけるシスメックス網赤血球測定試薬RET SEARCH ( Ⅱ ) の染色動態 — ニューメチレンブルーとの比較 —

著者

河野 麻理, 高木 由里, 河内 佐和子, 近藤 民章, 和田 淳, 船越 國宏

シスメックス株式会社 学術本部 セルアナリシスセンター

Summary

末梢血中の網赤血球数は造血機能の指標となるため,網赤血球数の計数は臨床的に重要である.網赤血球の計数は,CLSI の推奨するニューメチレンブルー染色後に顕微鏡下で計数する手法,CD71 ( トランスフェリンレセプター ) を発現している赤血球を抗CD71 蛍光抗体とフローサイトメーターで検出する方法,そして自動血球分析装置による方法が広く利用されている.しかし,それぞれの方法により検出される「網赤血球」が同じものかどうかの比較検討はこれまで報告されていなかった.そこで今回我々は,ニューメチレンブルー・抗CD71 蛍光抗体・シスメックス製自動血液分析装置の網赤血球測定専用試薬RET SEARCH ( Ⅱ ) の3 手法による染色像を比較することで,それぞれの手法で検出する網赤血球が同じものかどうかを検討した.さらにCD71 陽性赤血球の電子顕微鏡観察を行い,形態学的な特徴についても考察を加えた.その結果,ニューメチレンブルーとRETSEARCH ( Ⅱ ) の網赤血球染色動態は類似しており,ほぼ同様の網赤血球を認識していること,CD71 陽性網赤血球はニューメチレンブルーやRET SEARCH ( Ⅱ ) により染色される網赤血球の中でもより幼若なものであること,が強く示唆される結果を得た.

Key Words

網赤血球, CD71 ( トランスフェリン受容体 ), ニューメチレンブルー, RET SEARCH ( Ⅱ ), 自動血液分析装置, フローサイトメトリー