Sysmex Journal Web

2011年Vol.12 No.1

論文

血液形態検査におけるデジタル標本の有用性と活用法について

著者

三ツ橋 雄之

慶應義塾大学 医学部 臨床検査医学

Summary

デジタル標本とは,コンピュータ上で観察できる塗抹標本のデジタル画像である.顕微鏡で連続的に撮影し,それらを画像的に張り合わせることで,切れ目のない広大な視野の標本デジタル画像を実現している.デジタル標本は標本スライドに匹敵する細胞形態の情報を有するため,その情報を様々な環境で利用することが可能となる.これまで血液形態検査精度管理サーベイや症例カンファレンスに活用され,有用性が高く評価されている.

Key Words

デジタル標本, 血液形態, 遠隔血液診断