ニュース

ニュースリリース

持続的な成長の実現に向け、新たにグローバル共通のジョブ型人材マネジメントシステムを導入

 シスメックス株式会社(本社:神戸市、代表取締役会長兼社長 CEO:家次 恒 以下「シスメックス」)は、グローバル競争に勝ち抜く多様な人材の獲得・育成および魅力ある職場を実現する組織風土醸成の加速を目的とし、2020年4月よりシスメックス株式会社在籍の管理職層を対象に、グローバル共通のジョブ型人材マネジメントシステムを導入し、順次グローバルに展開します。これにより、人材市場における外部競争力を高め、個人と組織の生産性を最大化し持続的な企業成長を実現します。

 シスメックスは、グループ企業理念「Sysmex Way」において「多様性を受け入れ、一人ひとりの人格や個性を大切にすると共に、安心して能力が発揮できる職場環境の整備、ならびに自主性とチャレンジ精神を尊重し、自己実現と成長の機会、成果に応じた公正な処遇の提供」を行動基準に定め、人材マネジメントを展開してきました。
 
 近年、経済活動のグローバル化、デジタル化の進展や先進国および一部の新興国・開発途上国における労働人口の減少など外部環境が急激に変化する中、ヘルスケア分野においても異業種からの新規参入など、これまでとは異なるプレーヤーとの競争が激化しています。
 一方、シスメックスにおいては、事業のグローバル化・ポートフォリオの急速な拡大に伴い、高度専門人材や次世代リーダーの獲得・育成および魅力ある職場を提供し続けることが重要な課題と捉えています。シスメックスでは、企業の外部競争力を強化することを目的に、優先的に取り組む重要課題(マテリアリティ)のひとつとして、“魅力ある職場の実現”を特定し、多様な人材がグローバルベースで一体感を持って、安心して能力発揮できる企業文化の醸成を目指しています。
 
 これまでの長期雇用を前提とし、育成に重きを置いた考え方を継承しつつ、高い成長力を持続するために多様な人材が活躍できる基盤の整備を目指します。各自の能力を等級化した職能型の人事制度を一新し、役割や職務内容に基づき等級を決めるジョブ型の人事制度を2020年4月よりシスメックス株式会社在籍の管理職層を対象に導入し、順次グローバルに展開します。
 国内のみならず、シスメックスグループのすべての主要ポジションに対して、共通のHRポリシーに基づいた等級制度、評価制度、人材育成を展開することで、グローバルで統一した人材マネジメントを実現します。加えて、より外部競争力のある報酬制度へと転換し、グローバルで活躍できる優秀な人材の獲得・育成を通じて、持続的な企業成長を実現します。
 
 新たな人事制度の導入とあわせ、クラウドを活用した人材統合管理システムを採用し、人事情報を一元管理します。最適な資源配分などの経営における意思決定のスピードと質の向上や人事業務の効率化を図るとともに、社員一人ひとりが持つ個性や能力を最大限に発揮できるよう適材適所の配置や人材育成を推進し、グループの持続的な成長の加速に必要な実行力を最大化させていきます。
 
 今後も、シスメックスグループは、事業や技術の多様化、経営の高度化を支える人材が活躍できる環境を提供することで、グローバルで戦える個性豊かな人材が安心して能力発揮でき、競争力の高い人材に選ばれ続ける魅力ある企業であり続けることを目指します。
 以上
  • プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
    その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

ニュースリリースへ戻る