ニュース

ニュースリリース

血液による簡便なアルツハイマー病診断法の創出に向けた学術報告

~第12回アルツハイマー病臨床試験会議(CTAD)にて最新データを発表~

 シスメックス株式会社(本社:神戸市、代表取締役会長兼社長 CEO:家次 恒 以下「シスメックス」)は、2019年12月4日から7日まで米国カリフォルニア州サンディエゴで開催される第12回アルツハイマー病臨床試験会議(Clinical Trials on Alzheimer's Disease:CTAD)において、エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役CEO:内藤 晴夫 以下「エーザイ」)と共同で開発を進めている、血液を用いたアルツハイマー病診断法に関する最新データについて、ポスター2演題の発表を行いますのでお知らせします。

 シスメックスとエーザイは2016年2月に、認知症領域に関する新たな診断薬創出に向けた非独占的包括契約を締結し、互いの技術・ナレッジを活用し、認知症の早期診断や治療法の選択、治療効果の定期的確認が可能な次世代診断薬の創出を目指しています。
 CTADでは、両者が共同で開発している血液による簡便なアルツハイマー病診断法の創出について、シスメックスのタンパク測定プラットフォームである全自動免疫測定装置HISCL™シリーズを用いた自動化タンパク質アッセイシステムの最新データをシスメックスより発表します。
 

 

  演題 発表者
(所属)
血液診断
P75
全自動イムノアッセイシステム(HISCL™シリーズ)で測定した
血漿Aβ1-42/Aβ1-40比によるアミロイド病理の予測
ポスター発表:12月4日(水)~12月5日(木)
山下 和人
(シスメックス)
血液診断
P81
免疫親和性法による濃縮とLC-MS / MSによる血漿アミロイドベータ測定の臨床的有用性
ポスター発表:12月4日(水)~12月5日(木) 
渡部 俊介
(シスメックス)
 シスメックスは、認知症の予防および治療に対する新しい診断技術の創造に取り組み、医療の発展と進化に貢献することで、患者さんとその家族のQOL向上の実現を目指します。
 以上
  • プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
    その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

ニュースリリースへ戻る