シスメックス株式会社

ナビゲーションをスキップして本文へ移動します。

検索メニュー

CSRマネジメント

マテリアリティについて

マテリアリティの検討

シスメックスグループでは、持続可能な社会の実現および当社の持続的な成長に向けて、優先的に取り組むべき課題(マテリアリティ)を特定しました。特定したマテリアリティは、具体的なアクションプランに展開し取り組みを進めていきます。

マテリアリティの特定

マテリアリティの特定プロセス

ステップ1 課題の把握・整理

GRIガイドライン(G4)、国連「持続可能な開発目標(SDGs)」、ISO26000などの国際的ガイドラインや、SRIなどの評価機関の調査内容などから社会の要請事項の分析を行い、シスメックスグループのCSR活動の現状と照らし合わせて、関連側面を抽出・識別しました。

ステップ2 優先順位付け

STEP.1で識別した関連側面を「ステークホルダーにとっての重要度(ステークホルダーの意思決定への影響の大きさ)」と、リスク・機会の観点による「シスメックスにとっての重要度(自社が経済、環境、社会に与える影響の大きさ)」の2軸で総合的に評価し、優先的に取り組むべき最重要側面を抽出しました。

ステップ3 妥当性の確認、マテリアリティの特定

STEP.2の結果を整理したマテリアリティを、代表取締役が議長を務める経営会議で審議し、承認を得ました。

シスメックスのマテリアリティマトリックス
シスメックスのマテリアリティマトリックス
シスメックスのマテリアリティ
マテリアリティ G4関連側面 関連するSDGsの目標
製品・サービスを通じた医療課題解決
  • 事業活動を通じた医療課題解決
  • 製品の普及等による医療アクセスの改善
  • 間接的な経済影響
  • 地域コミュニティ
責任ある製品・サービスの提供
  • 品質・安全性の確保
  • 製品・サービスに関する適切な情報開示
  • サプライチェーンの評価・管理
  • 顧客の安全衛生
  • 製品およびサービスのラベリング
  • 調達慣行
  • サプライヤーの環境評価
  • サプライヤーの労働慣行評価
  • サプライヤーの人権評価
  • サプライヤーの社会への影響評価
魅力ある職場の実現
  • 働きやすい職場環境の確保
  • 人材の育成
  • ダイバーシティの推進
  • 雇用
  • 研修および教育
  • 多様性と機会均等
  • 男女同一報酬
環境への配慮
  • 製品ライフサイクルにおける環境配慮
  • 事業所活動における環境負荷低減
  • 製品およびサービス
  • 輸送・移動
  • 原材料
  • エネルギー
  • 大気への排出
  • 排水および廃棄物
ガバナンス
  • コーポレート・ガバナンス
  • コンプライアンス
  • リスクマネジメント
  • ガバナンス
  • 間接的な経済影響
  • コンプライアンス(環境・社会全般・製品責任)
  • 腐敗防止
  • 反競争的行為

課題認識

製品・サービスを通じた医療課題解決
<課題認識>

近年、先進国では高齢化を背景として、増加する医療費の削減や健康寿命の延伸に関するニーズが高まっています。一方、新興国・開発途上国では、人口の増加に医療インフラの整備が追い付いておらず、世界で4億人もの方が必要な医療を受けられない状況にあり、医療サービスの利用可能性の向上が課題となっています。

また、2015年9月に国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」では、人々の健康や福祉に関する目標が掲げられ、医療課題解決に向けたグローバル企業の取り組みへの期待はますます高まっています。

これらの状況を踏まえ、疾病の予防や早期発見、治療方針の決定に重要な役割を果たす検体検査領域では、新しい価値の創出による健康社会への貢献や、三大感染症(HIV/AIDS、結核、マラリア)をはじめとする医療課題の解決が期待されています。

出典:WHO “Universal Health Coverage

責任ある製品・サービスの提供
<課題認識>

品質・リコール問題の多発により、製品・サービスの品質・安全性に対する社会からの要請は厳しさを増しています。また、近年、企業の責任範囲は取引先を含めたサプライチェーン全体にまで拡大しています。

これらを背景に、企業は法令や規格を遵守し、製品・サービスの品質・安全を徹底するとともに、お客様満足度向上の取り組みや適切な情報開示、安定的な製品供給などを通じて、お客様と長期的な信頼関係を構築することが重要になっています。そのためには取引先と一体となり、お客様の信頼を得られるような責任ある製品・サービスを提供していくことが求められています。

魅力ある職場の実現
<課題認識>

企業が持続的に成長するためには、ダイバーシティの推進と、働きやすく、働きがいのある魅力ある職場づくりに積極的に取り組むことが重要とされています。また、2015年9月に国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」においても、ジェンダーの平等や、働きがい、不平等の是正などの目標が掲げられています。これらを背景に、ワークライフバランスの推進など、多様な人材が能力を発揮し活躍できる職場づくりや、計画的・継続的な人材育成が企業に求められています。

環境への配慮
<課題認識>

地球環境問題は、持続可能な社会を実現していく上で喫緊の課題といわれています。COP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)で採択された「パリ協定」では、地球温暖化防止に向けて世界の全ての国や地域がCO2排出量削減のための目標を設定し、その達成に向けた対策を講じることが義務付けられました。また、天然資源の枯渇が深刻化しており、循環型社会への対応も重要な課題の一つとして挙げられています。

これらの状況を踏まえ、2015年9月に国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」においても、環境問題の解決のための目標が多数掲げられており、政府のみならず、企業も一定の責任を果たすことが求められています。

ガバナンス
<課題認識>

近年、コーポレート・ガバナンス、リスクマネジメント、コンプライアンスに関して、社会からの目が厳しくなるとともに、それに伴う社会的影響がますます大きくなってきています。

このような状況を踏まえ、2015年6月には、企業に対して財務的側面だけでなく非財務側面にも配慮した事業活動を行うことを求める「コーポレートガバナンス・コード」が施行されました。

企業には、ガバナンスおよび内部統制の強化や、経営の基盤強化に向けたリスクマネジメントおよびコンプライアンスの推進などの取り組みがこれまで以上に求められています。

実効性向上への取り組み

アクションプランに展開

特定したマテリアリティは、具体的なアクションプランとして目標(KPIなど)を設定しCSR中期計画に展開することで、PDCAサイクルを回して実効性を高めていきます。

また、環境に関しては「シスメックスグループ環境行動計画(シスメックス・エコビジョン2020)」および「シスメックスグループ中期環境目標」の下、事業活動における環境負荷低減に向けてグループで取り組みを進めます。

CSRマネジメントへ戻る