シスメックス株式会社

ナビゲーションをスキップして本文へ移動します。

検索メニュー

CSR(企業の社会的責任)

マテリアリティ
環境への配慮

課題認識

気候変動の緩和をはじめ、水資源・鉱物資源などの資源利用、生物多様性の保全など、地球環境の持続可能性は喫緊の課題となっています。また、パリ協定の発効や「持続可能な開発目標(SDGs)」などにも見られるように、環境問題は全世界で取り組むべき重要課題であり、とりわけ企業が果たす役割への期待が高まっています。

シスメックスはグローバルに事業を展開する企業として、深刻化する地球環境問題への対応を優先的に取り組むべき課題の一つと考えています。また、気候変動による大規模な自然災害などは原料調達や製造機能の停止など経営上の重要なリスクと捉えています。

シスメックスのアプローチ

シスメックスは、長期的な環境マネジメントの指針として、シスメックスグループ長期経営目標の策定にあわせて、2025年を最終年度とする「シスメックス・エコビジョン2025」を策定し、製品・サービスのライフサイクルおよび事業活動のバリューチェーン全体における環境保全を推進しています。

今後も、持続的な成長と、重要な社会課題である環境負荷低減の両立に努めていきます。

活動実績

活動ハイライト:長期的視点で環境保全に取り組みます
環境マネジメント

マテリアリティ

その他CSR活動

生物多様性保全
CSRへ戻る