シスメックス株式会社

ナビゲーションをスキップして本文へ移動します。

検索メニュー

企業情報

ニュースリリース

経営・事業
2017年07月31日

アメリカの試薬生産工場の拡張完了
~米州の需要増加に向け試薬生産能力を従来の約1.8倍に~

   シスメックス株式会社(本社:神戸市、代表取締役会長兼社長:家次 恒 以下「シスメックス」)は、米州における今後の試薬の需要増加に対応するため、アメリカの試薬生産工場を拡張し、試薬の生産体制を強化しましたので、お知らせします。

 シスメックスグループは、国内2拠点、海外6カ国7拠点において試薬を現地生産し、世界中のお客様へ安定的にお届けしています。
 2012年には、国内および一部海外向けの試薬生産を担っている小野工場および中国の済南工場、2014年にはシンガポールの試薬生産工場、2015年にはドイツの試薬生産工場を拡張するなど、グローバルな需要増加に対応するため、試薬供給体制を強化してきました。

 このたび、米州においても、今後の試薬需要増加への対応および中長期視点での試薬安定供給を目的として、アメリカの試薬生産工場を拡張し、生産能力を従来の1.8倍に増強しました。
 本拡張では、 「高品質・高効率なスマートな工場」および「人と環境にやさしい工場」をコンセプトとして、単なる生産エリアの拡張ではなく、工場内部の工程レイアウトや製造設備の抜本的な見直しも含めた総合的な生産体制強化に取り組みました。
 コンセプトの実現においては、生産管理システムの一つである製造実行システム(Manufacturing Execution System:MES)と製造設備を連携する製造環境のIoT化に当社として初めて取り組み、モバイル端末を用いた製造設備の監視・制御を可能とするなど、生産性および品質の向上を実現しました。また、作業者負担を軽減する新たな設備の導入や、ペーパーレス化の推進、環境負荷物質排出を低減するなど環境への取り組みも同時に行っています。

 今後もシスメックスは、各地の市場環境にあわせた生産体制で、世界中のお客様に安定的に製品をお届けしていきます。

【試薬生産工場の概要】

    所在地:  アメリカ イリノイ州
    投資総額: 約24,150,000 USD
    稼動時期:
生産品目:
2017年7月
ヘマトロジー試薬、尿検査試薬
  
 

 

【外観】
 
       
                  
【注釈】
※ 製造実行システム(Manufacturing Execution System:MES):
工場の設備や原材料などの状態や数量などをリアルタイムに把握し、生産計画に基づいて作業のスケジュールを組み立てたり、作業者へ指示を出したり、作業手順に関する情報を提供するシステム。
以上

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

ニュースリリースへ戻る