シスメックス株式会社

ナビゲーションをスキップして本文へ移動します。

検索メニュー

企業情報

ニュースリリース

経営・事業
2017年02月03日

台湾の販売・サービス体制を強化
~代理店の事業譲受により、直接販売・サービス体制へ移行~

 シスメックス株式会社(本社:神戸市、代表取締役会長兼社長:家次 恒 以下「シスメックス」)の子会社であるシスメックス タイワン シーオーエルティーディー(以下、「シスメックス台湾」)は、台湾代理店 三東儀器股份有限公司(以下、「三東社」)の事業を譲受することに合意いたしました。
 今回の事業譲受により、台湾での販売・サービス体制を強化するとともに、ヘマトロジー(血球計数検査)に加え、免疫分野などの新たな事業分野への展開を進め、さらなるビジネス拡大を図ります。

 台湾は、1995年に全国民を対象とした健康保険制度が導入され、高水準の医療システムが整備されてきました。医療の高度先進化とともに、感染症や成人病などの予防に対して、国家レベルで積極的な投資が行われ、今後もさらなる成長が期待できます。
 一方、急速な少子高齢化の進展などに伴う医療費の高騰を背景として、医療現場においては、医療サービスの質の向上だけでなく、業務の効率化も求められています。

 当社は、現地でのビジネス拡大に向け、1983年に三東社と代理店契約を締結して以来、良好な関係を築いてきました。同社を活用した販売・サポート活動により、主力のヘマトロジーに加え、血液凝固、尿検査においても高いシェアを獲得しています。

 このたびシスメックス台湾は、三東社の事業譲受により、同社の持つ強固な基盤を活用して、販売・サービス体制をさらに強化するとともに、既存ビジネスの拡大に加えて、免疫分野など新たな事業分野への早期市場参入を進め、お客様のニーズに合わせた総合提案を強化していきます。

 今後もシスメックスは、各地域に最適化された販売・サービス体制の整備や、当社ならではのサービス&サポートを提供し、アジアにおける医療の発展に貢献してまいります。

 

【事業譲受の概要】

  事業譲受日: 2017年5月1日(予定)
  譲受事業の内容: 三東儀器股份有限公司 検体検査製品の販売・サービス&サポート

 

【シスメックス台湾の概要】

  名称: シスメックス タイワン シーオーエルティーディー(Sysmex Taiwan Co., Ltd.)
  所在地: 台湾 台北市
  代表者: 山内 康正
  設立日: 2011年4月22日
  資本元: シスメックス株式会社
  従業員数: 約100名(2017年度計画)


【三東社の概要】

  名称: 三東儀器股份有限公司(SANTUNG INSTRUMENTS CO., LTD)
  所在地: 台湾 台北市
  代表者: 林 克銘
  設立日: 1983年2月4日
     

 

 
                      以上

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

ニュースリリースへ戻る