シスメックス株式会社

ナビゲーションをスキップして本文へ移動します。

検索メニュー

企業情報

ニュースリリース

研究・開発
2014年10月31日

平成26年度近畿地方発明表彰を受賞

 シスメックス株式会社(本社:神戸市、代表取締役会長兼社長:家次 恒 以下「シスメックス」)は、このたび公益社団法人発明協会が主催する近畿地方発明表彰において、「文部科学大臣発明奨励賞」1件と「発明奨励賞」3件を受賞しました。地方発明表彰は、優れた技術やデザインを生み出した技術者・研究開発者を顕彰するもので、大正10年より続く歴史ある表彰事業です。

【受賞発明の概要】
(1) 文部科学大臣発明奨励賞
 

発明の名称:網赤血球中のヘモグロビン分析装置(特許番号:特許第4417143号)

  本発明は、慢性腎臓病患者、特に透析患者に認められる合併症である腎性貧血における鉄欠乏診断に有効な血液中の鉄量変化を把握する網赤血球ヘモグロビン濃度測定に関するものです。

  本発明では、血液等の生体試料に光を照射して得られた散乱光に基づいて網赤血球からなる細胞群を分類し、この細胞群に含まれる網赤血球の散乱強度の平均値を求め、この平均値から網赤血球ヘモグロビン等量を求めます。これにより、従来、短期間で把握できなかった鉄量の変化を迅速に測定できることから、短時間かつ安価に検査結果を得ることが可能となりました。

  本技術は、当社の主力商品である全自動血球計数装置XNシリーズ、XT-4000、XE-5000に採用されています。

  また、本件は実用化に顕著な功績があると認められる法人の代表者へ贈呈される「実績功績賞」も受賞しました。

 


(2) 発明奨励賞
 

発明の名称:3次元動画を用いた作業手順表示システム(特許番号:特許第4964697号)

  本発明は、製品生産の作業手順を補助するための3次元コンピュータグラフィック(CG)を用いた表示システムに関するものです。

  本発明では、作業手順を示す3次元CG動画に作業開始を表示すると共に、作業対象物の全体像を表示し、続いて作業対象物が拡大表示されるように作業対象部へのズームインを行うことができます。また、作業の終わりを作業者が識別できるように表示することにより、作業者が画面を凝視しなくても作業ができ、未経験者や初心者の作業者であっても、早期に熟練工レベルと同等のスキルを身につけることが可能となりました。

  本技術は、機器製品の製造時に使用されています。


発明の名称:ピペットチップ自動供給装置(特許番号:特許第4861698号)

  本発明は、血液等の体液を検体とした免疫血清分析装置に用いられる自動ピペットチップ供給装置に関するものです。

  本発明では、大量のピペットチップを傾斜路を介して複数本ずつ仕分け部に供給し、仕分け部でピペットチップを1本ずつ供給し、移送部でピペットチップの先端が下向きになるように姿勢制御を行って移送し、仕分部でピペットチップが滞留した場合には自動排出します。これにより、ランダムに収納した多数のピペットチップであっても自動供給可能となりユーザの利便性を向上させることができました。

  本技術は、全自動免疫測定装置HISCLシリーズに採用されています。
 

発明の名称:核酸増幅分析における増幅阻害物質判定方法(特許番号:特許第5102450号)

  本発明は、癌細胞のリンパ節転移診断に用いられる核酸増幅分析における増幅阻害の判定に関するものです。

  本発明では、測定試料と希釈測定試料のそれぞれについて、標的核酸を増幅して生成される核酸増幅産物を測定し、希釈測定試料の核酸増幅産物が測定試料の核酸増幅産物より多い場合に、標的核酸の増幅阻害があると判定します。これにより、本来陽性と判定されるべきものが陰性と判定されてしまうことを防止します。

  本技術は、遺伝子増幅検出装置RD-100iに採用されています。


【「近畿地方発明表彰」受賞歴(過去5年分)】
 

  • 平成25年度近畿地方発明表彰
    「兵庫県発明協会会長賞」:血液凝固分析装置
    「発明奨励賞」:モノクローナル抗体を用いたDダイマー測定試薬
    「発明奨励賞」:試薬の共通化を進めた試料分析装置と方法
    「発明奨励賞」:自動顕微鏡及びこれを備える分析装置
  • 平成24年度近畿地方発明表彰
    「日本弁理士会会長奨励賞」:液体試料吸引監視方法
    「発明奨励賞」:直接核酸増幅法
    「発明奨励賞」:検体分析装置
    「発明奨励賞」:白血球及びヘモグロビン濃度測定試薬
  • 平成23年度近畿地方発明表彰
    「発明奨励賞」:管理装置に用いられる精度管理方法
    「発明奨励賞」:自動分析装置の分注ピペット洗浄方法
    「発明奨励賞」:シースフロー形成装置
    「発明奨励賞」:粒子分析装置および自動粒子分析方法
  • 平成22年度近畿地方発明表彰
    「特許庁長官奨励賞」:白血球分類計数方法
    「発明奨励賞」:免疫クロマトグラフィー検査用検体前処理液
    「発明奨励賞」:液体吸引装置
    「発明奨励賞」:血液凝固測定装置
  • 平成21年度近畿地方発明表彰
    「近畿経済産業局長賞」:尿中有形成分分析用試薬
    「発明奨励賞」:画像ファイリングシステム
    「発明奨励賞」:抗リン脂質抗体測定試薬及び抗リン脂質抗体測定方法
    「発明奨励賞」:血液分析装置
以上

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

ニュースリリースへ戻る