シスメックス株式会社

ナビゲーションをスキップして本文へ移動します。

検索メニュー

企業情報

ニュースリリース

経営・事業
2014年10月09日

「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス」のアジア・パシフィック・インデックスに3年連続選定

 シスメックス株式会社(本社:神戸市、代表取締役会長兼社長:家次 恒 以下「シスメックス」)は、このたび、世界的に有名な社会的責任投資の指標である「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(以下、DJSI)」のアジア・パシフィック・インデックスに3年連続で選定されましたのでお知らせします。

  DJSIは、米国S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス社※1とスイスの社会的責任投資に関する調査専門会社ロベコSAM社※2が提携して開発した指標で、経済・環境・社会の3つの側面から企業を分析し、企業の持続可能性(サステナビリティ)に優れた会社を選定するものです。
 アジア・パシフィック・インデックスは、アジア太平洋地域内の主要企業から優良企業を選定するもので、2014年度は148社、うち日本企業は65社が選定されました。

 シスメックスは、2013年4月、CSRに関する中期計画(2013~2015年度)を策定しました。また、国連グローバル・コンパクト10原則と社会的責任に関する国際規格ISO26000を踏まえてCSRに関する目標と課題を設定し、これらの達成に向けて日々取り組んでいます。
  DJSIによるアジア・パシフィック・インデックスにおいては、これらの活動が高く評価され、アジア太平洋地域内の優良企業の1社として、3年連続で選定されました。
 

 シスメックスは、今後も持続的な成長を続けていくために、積極的なCSR活動を推進していきます。


【関連URL】
「DJSI」:
http://www.sustainability-indexes.com/
「シスメックスCSR中期計画」:
http://www.sysmex.co.jp/csr/sysmex_csr/plan.html

  1. ザ・マグロウヒル・フィナンシャルのグループ会社で、世界最大の金融市場指数提供者。指数業界における2大ブランドであるS&Pとダウ・ジョーンズ・インデックスが合併して誕生。
  2. スイスの資産運用コンサルティング会社で、本インデックスにおいては、企業の持続可能性評価を実施。




以上

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

ニュースリリースへ戻る