技術表彰

表彰内容

令和2年度全国発明表彰「文部科学大臣賞」を受賞

 シスメックス株式会社は、このたび、「疾患の早期発見に有用な尿検体分析装置の発明」について、公益社団法人発明協会が主催する全国発明表彰において「文部科学大臣賞」を受賞しましたのでお知らせします。

 全国発明表彰は、大正8年、日本国内の科学技術の向上と産業の発展に寄与することを目的に始まり、多大な功績を挙げた発明、考案、または意匠(発明等)、あるいは、その優秀性から今後大きな功績を挙げることが期待される発明等が表彰されています。
 
【受賞内容】
  受賞名:
令和2年度全国発明表彰 文部科学大臣賞
  受賞発明の名称: 疾患の早期発見に有用な尿検体分析装置の発明(特許第6232046号)
  受賞者: 川野 雅典、河合 昭典、小篠 正継、長岡 加奈子
  発明内容:
本発明は、尿中の赤血球、白血球、非扁平上皮細胞、異型細胞、細菌等の有形成分を高精度に検出する尿検体分析装置に関するものです。
従来、自動分析装置では臨床的意義の高い腎臓由来の尿細管上皮細胞や膀胱由来の尿路上皮細胞等の非扁平上皮細胞、膀胱癌の発見に繋がる異型細胞の精度の高い検出は困難でした。
本発明では、尿中の有形成分種によって粒子径が様々であり、核酸量も異なっている点に着目し、尿中のそれぞれの粒子の核酸量に合わせた増幅率の蛍光信号を利用することで、尿中の非扁平上皮細胞、異型細胞、及び様々な形態の粒子を高精度に検出することが可能となりました。
本発明により、尿中の非扁平上皮細胞を検出して腎臓由来の尿細管上皮細胞や膀胱由来の尿路上皮細胞を精度高く分類でき、患者を早期に適切な診療科に導くことが可能となります。また、上記の有形成分に加え、研究用途として異型細胞を示唆する検出情報の提供ができ、今後膀胱癌の早期発見に繋がることが期待されます。
粒子の核酸量にあわせた増幅率の蛍光信号を利用した有形成分の検出
なお、「文部科学大臣賞」の受賞企業として、「発明実施功績賞」(代表:代表取締役会長兼社長 CEO 家次 恒)を受賞しました。
 
以上