魅力ある職場の実現

ダイバーシティの推進

ダイバーシティ&インクルージョン

取り組みの意義

シスメックスでは、「人材」を持続的な成長のための重要な経営資源の一つとして捉え、多様な人材が在籍する「ダイバーシティ」から、多様な人材が働きやすい環境を整備し受容する「ダイバーシティ&インクルージョン」を目指した取り組みを進めています。

多様な価値観・考え・経験・能⼒のシナジー効果により、イノベーションの創出と価値の創造につなげていきます。

ダイバーシティ&インクルージョンの実現に向けて

シスメックス株式会社では、取締役 専務執行役員が管掌するダイバーシティ推進部門を設置し、多様性やLGBTへの理解などをさらに推し進める組織文化を醸成しています。例えば、情報発信や理解浸透のための取り組みとして、「ダイバーシティポータルサイト」をイントラネットに立ち上げています。また、ダイバーシティに関する意識調査を実施し、従業員の声を取り⼊れた施策を展開しています。

シスメックス アメリカでは、「アファーマティブ・アクションプログラム(差別撤廃プログラム)」に基づいた施策を実行してマイノリティ(少数派)に対する偏見や差別の解消を目指しています。

  • レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字を取った性的マイノリティの総称

多様な人材の確保

就職機会の均等化を目指して

シスメックス株式会社では、国籍・人種・性別・年齢・職歴・障がいの有無を問わず、人物本位で採用を実施しています。具体的には、就職が不利な状況に置かれている既卒学生や海外留学生などに対する就職機会の均等を図るために、いつでも応募できる通年採用を実施しています。さらに、世界中のどこからでも応募できるよう、海外での現地説明会や面接に加え、インターネットを通じたウェブ説明会やウェブ面接も実施しています。2018年度も前年度に引き続きインターンシップを実施し、海外の人材に当社を知ってもらうための施策を強化しています。

また、シスメックス アジア・パシフィックでは、2008年から公正な雇用慣行に関するTAFEPの誓約書に署名し、従業員に研修を実施しています。

  • TAFEP(Tripartite Alliance for Fair & Progressive Employment Practices)は2006年5月に、公平な雇用を推進するために設置された、政労使代表(政:シンガポールの人材開発省、労:全国労働組合会議、使:シンガポール全国使用者連盟)からなる機関。シンガポール国家経営者連盟(SNEF)、全国労働組合会議(NTUC)の代表が共同委員長を務める。

障がい者雇用を推進

シスメックスハーモニーでの作業の様⼦

シスメックスハーモニーでの作業の様⼦

シスメックスでは、障がい者雇用を進めています。それぞれの適性や能力を活かして、長期的に活躍できる雇用形態で就業しており、シスメックスの日本国内関係会社における2018年度の障がい者雇用率は2.21%です。

2017年4月に、特例子会社である「シスメックスハーモニー株式会社」を兵庫県神戸市に設立しました。シスメックスハーモニーでは、身体、知的、精神に障がいを持つ方々が個々の特性やハンディキャップにあわせて活躍できる業務や職場環境を準備し、「障がいの有無に関わらず、誰もが安心して働く喜びを感じながら、いきいきと活躍し、ともに成長できる、笑顔あふれる職場」を目指しています。

シスメックス ヨーロッパにおいても、障がい者の自立支援に取り組んでいる団体と連携し、ドイツ試薬生産工場の製造ラインでの梱包作業などを障がいを持つ方々に委託しています。作業者の方々と業務の目的を共有するとともに、定期的なトレーニングと従業員によるサポートを実施することで、高いモチベーションを維持して作業に取り組んでいただいています。

  • 障がい者の雇用のために特別の配慮をしていると公共職業安定所長から認定を受けた子会社。親会社の就業規則とは別に、障がい者の労働能力や就業条件を配慮した就業規則や設備環境を整備でき、障がい者の職域拡大を図ることが容易になる。

高齢者雇用-定年退職者再雇用制度

シスメックス株式会社では定年を60歳とし、高齢者雇用を推進するための制度として65歳までの定年退職者再雇用制度を運用しています。2018年度は、定年退職者のうち、社内ルールに基づいて18名を再雇用しました。

女性活躍推進

シスメックス株式会社は、多様性を受け入れ、従業員一人ひとりの人格や個性を大切にするとともに、安心して能力が発揮できる職場環境整備の一環として、社内託児所設置や法定以上の育児休業などの整備に取り組んできました。また、女性活躍推進法の施行に基づき、2016年4月に「女性活躍推進 行動計画」を制定し、女性リーダーの育成や多様な働き方を促進しています。

そのような取り組みの結果、シスメックス株式会社の女性社員比率※1は2005年度19.9%から2018年度は30.8%まで向上しました。女性管理職比率※2も2005年度2.4%から2018年度8.1%まで向上し、2018年度のグループ全体の女性管理職比率は15.2%となりました。

  1. 就業者数でカウント
  2. 課長級以上の者

女性活躍推進法に基づく優良企業認定マーク「えるぼし」の最高位を取得

えるぼしマーク

女性活躍推進法に基づく優良企業認定マーク「えるぼし」

シスメックス株式会社では、これまでも従業員一人ひとりの人格や個性を大切にするとともに、安心して能力が発揮できる職場環境の整備を行ってきました。2016年9月には厚生労働省が女性活躍に関して定めた5つの基準を全て満たしたことにより、優れた取り組みを行う企業に与えられる「えるぼし」の最高位である「3段階目」を取得しました。

理解の浸透と実行

ダイバーシティ教育

シスメックス株式会社では、キャリア、仕事とプライベートの両立、異文化理解などの幅広いテーマについて、自由な意見交換や部門を超えたコミュニティづくりの場としてダイバーシティ・ラウンドテーブルを開催しています。2018年度は「LGBTと多様性」「イスラム教とマレーシア」「父親の育児参加を考えよう」などを展開しました。また、ダイバーシティ&インクルージョン啓発のための「D & I Book」の配布と、eラーニングを実施しました。

シスメックス アメリカやシスメックス ヨーロッパにおいてもダイバーシティ教育の実施やダイバーシティを推進するための従業員グループをつくり、理解と浸透に努めています。