CSRマネジメント

基本的な考え方・体制

担当役員メッセージ

優先的に取り組むべき課題(マテリアリティ)への取り組みを通じ、持続可能な社会の実現に貢献します

取締役 専務執行役員 CFO 中島 幸男

取締役 専務執行役員 CFO
中島 幸男

気候変動などの環境問題、ハラスメントや差別などの人権問題といった社会課題の解決に対する企業の社会的責任が問われる中、21世紀に入りさまざまな企業でCSR活動への積極的な取り組みが始まりました。2015年には「持続可能な開発目標(SDGs)」が国連で採択され、グローバルで課題解決への取り組みが進められています。企業は売上や利益などの業績を上げることで企業としての持続的な成長を目指すとともに、ESGを重視した企業経営を推進することも重要になっています。

このような社会の変化を踏まえて、シスメックスでは、ESGの観点から優先的に取り組むべき課題(マテリアリティ)を特定し、グループ中期経営計画に非財務目標を設定するとともに、課題展開して取り組みを推進しています。シスメックスの事業そのものが社会課題解決に貢献しており、製品・サービスを通じた医療課題の解決や、責任ある製品・サービスの提供はもちろんのこと、製品ライフサイクルにおける環境配慮や、事業所運営における環境負荷低減にも積極的に取り組んでいます。

あらゆる企業活動において、社内外での積極的な双方向コミュニケーションを推進し、ステークホルダーの皆様からの信頼を獲得するとともに、企業価値の向上と一層の取り組みを推進していきます。

基本的な考え方

シスメックスのCSRは、グループ企業理念である「Sysmex Way」の実践を通じて、ステークホルダーの皆様に「安心」をお届けすることです。

「Sysmex Way」は、企業活動の最も基本的なあり方を示したもので、シスメックスが社会に貢献し、そして成長し続けるために必要なMission、Value、Mindの3つの要素で構成しています。Missionでは、創業から取り組んできた検体検査分野を事業の核としながら、より広く、より深く人々の健康に関わるヘルスケアの領域での進化に挑戦し、豊かで、健やかな、歓びに満ちた社会づくりに貢献していくことを表明しています。

さらにSysmex Wayの「行動基準」では、お客様、従業員、取引先、株主様、社会というステークホルダーの皆様に対する具体的な提供価値を明確にしています。例えば、社会に対しては、法令遵守はもとより、常に高い倫理観にもとづいた事業活動を推進し、社会の皆様に安心をお届けしていくことや、環境問題をはじめ地球や社会が抱える様々な問題の解決に、社会とともに取り組むことを大切にしています。

CSRマネジメント体制

シスメックスは、CSR活動の企画・立案および推進、社内外へのCSR情報発信などを行う専任部署としてCSR・環境推進部を設置し、取締役 専務執行役員の管理・統括の下、活動を推進しています。

グループ中期経営計画(2019-2021年度)では、マテリアリティに紐づく非財務目標を設定し、CSR活動を経営の中に明確に位置付けました。非財務目標は各部門の実行計画・活動に展開され、進捗は経営会議で報告し、目標の見直しや新たな施策の検討などを行い、PDCAサイクルを回します。

国連グローバル・コンパクト

シスメックスは、CSRへの取り組みを積極的に推進していくために、2011年2月、「国連グローバル・コンパクト」に署名しました。マテリアリティの特定やCSR活動の推進にあたっては、国連グローバル・コンパクトの10原則や、2015年9月に国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」などを参照しています。