マテリアリティ

マテリアリティの検討

マテリアリティの特定プロセス

以下の手順に従って、優先的に取り組むべき課題(マテリアリティ)を特定しました。また今後、国際社会の最新動向や事業環境の変化などをふまえ、必要に応じてマテリアリティの見直しを行います。

マテリアリティの特定プロセス

ステップ1 課題の把握・整理

GRIガイドライン(G4)、国連「持続可能な開発目標(SDGs)」、ISO26000などの国際的ガイドラインや、サステナビリティ評価機関の調査内容などから社会の要請事項の分析を行い、シスメックスのCSR活動の現状と照らしあわせて、関連側面を抽出・識別しました。

ステップ2 優先順位付け

STEP.1で識別した関連側面を「自社のステークホルダーにとっての重要度(ステークホルダーの意思決定への影響の大きさ)」と、リスク・機会の観点による「シスメックスにとっての重要度(自社が経済、環境、社会に与える影響の大きさ)」の2軸で総合的に評価し、優先的に取り組むべき最重要側面を抽出しました。

ステップ3 妥当性の確認、マテリアリティの特定

STEP.2の結果を整理したマテリアリティを、代表取締役が議長を務める経営会議で審議し、承認を得ました。

STEP.1 課題の把握・整理

外部環境分析 グローバル社会からの要請事項(側面)を抽出、国際的ガイドライン(GRI、ISO26000、SDGs)やサステナビリティ評価項目でスクリーニング。社会の関心の高いCSR側面(CSR重要側面候補)の42側面

STEP.2 優先順位付け

シスメックスの事業活動は、バリューチェーンを通じて社会へさまざまな影響を与えています。当社グループはその影響を「自社のステークホルダーにとっての重要度」と、リスク・機会の観点による「シスメックスにとっての重要度」の2軸で総合的に評価し、優先的に取り組むべき最重要側面を抽出しました。バリューチェーン全体にわたり、CSRの取り組みを推進することで社会に貢献していきます。

STEP2.優先順位付けの図

研究開発

認識している社会課題・当社への期待

先進国における高齢化を背景とした医療費削減・健康寿命の延伸や、新興国・開発途上国の人口増加に対応可能な医療インフラの整備・医療サービスの利用可能性が課題となっています。研究開発により、このようなさまざまな医療課題解決への貢献が必要と考えています。

主なCSRの関連側面
  • 事業活動を通じた医療課題解決
  • 製品の普及等による医療アクセスの改善
  • 品質・安全性の確保
  • 製品ライフサイクルにおける環境配慮

調達

認識している社会課題・当社への期待

企業の責任範囲は拡⼤し、原材料の品質だけでなく、⼈権、労働慣⾏、環境に配慮した調達が求められています。取引先と⼀体となった責任ある製品・サービスの提供が重要であると考えています。

主なCSRの関連側面
  • 品質・安全性の確保
  • サプライチェーンの評価・管理
  • コンプライアンス
  • 製品ライフサイクルにおける環境配慮

製造

認識している社会課題・当社への期待

近年、品質・安全性に関する社会からの要請はさらに高まり、徹底した法令や規格の遵守、品質の高さ、安全性の確保が重要であると考えています。

主なCSRの関連側面
  • 品質・安全性の確保
  • 事業所活動における環境負荷低減
  • 製品ライフサイクルにおける環境配慮
  • コンプライアンス

物流

認識している社会課題・当社への期待

物流効率の改善によるGHG排出量削減やリサイクル率向上など、環境問題への対応が必要であると考えています。

主なCSRの関連側面
  • 製品ライフサイクルにおける環境配慮

販売

認識している社会課題・当社への期待

グローバル企業として、医療課題を抱えている国や地域へ事業を展開し、課題解決へ貢献することが求められています。また、お客様満足向上の取り組みや適切な情報開示、安定的な製品供給などを通じて、お客様と長期的な信頼関係を構築することが重要であると考えています。

主なCSRの関連側面
  • 事業活動を通じた医療課題解決
  • 製品の普及等による医療アクセスの改善
  • 製品・サービスに関する適切な情報開示
  • コンプライアンス

サポート&サービス

認識している社会課題・当社への期待

お客様満足向上の取り組みやグローバルかつタイムリーな品質情報の収集、不具合への対応、不具合情報や是正処置・予防処置のグローバルな共有などを通じて、お客様と長期的な信頼関係を構築することが重要であると考えています。

主なCSRの関連側面
  • 事業所活動における環境負荷低減
  • 製品・サービスに関する適切な情報開示
  • コンプライアンス
  • CSRの関連側面:GRIガイドライン(G4)、国連「持続可能な開発目標(SDGs)」、ISO26000などの国際的ガイドラインや、SRIなどの評価機関の調査内容などから社会の要請事項の分析を行い、シスメックスのCSR活動の現状と照らしあわせて抽出した側面のことです。
シスメックスのマテリアリティマトリックス
シスメックスのマテリアリティマトリックス

STEP.3 妥当性の確認、マテリアリティの特定

STEP.2の結果を整理したマテリアリティを、代表取締役が議長を務める経営会議で審議し、承認を得ました。