シスメックス株式会社

Topics  
 
トピックス 研究開発拠点「テクノパーク」が「神戸市都市デザイン賞」を受賞
~景観への配慮、環境負荷の低減、リスクマネジメントへの対応が高評価~
 
 
Date2012年02月13日
 
   
 

 シスメックス株式会社(本社:神戸市、代表取締役社長:家次 恒)の研究開発拠点「テクノパーク」の研究開発棟であるR&Dタワーが、このたび第1回神戸市都市デザイン賞「CASBEE※建築賞」を受賞いたしました。
 受賞にあたっては、景観への配慮とともに、環境負荷の低減や構造・設備におけるリスクマネジメントへの対応などが評価されました。なお、2月12日(日)、神戸市立博物館において表彰式が開催されました。

 「神戸市都市デザイン賞」は、神戸らしい魅力ある空間・環境を形成している建築物や市民活動などを表彰するものです。第1回目である今回は100件以上の候補の中から、選考委員会による選考を経て10件が選ばれました。このたび当社が受賞した「CASBEE建築賞」は、省エネルギーや環境負荷の少ない資材などを用いた環境配慮など、一定の基準を満たした建築物が対象となります。

 2008年10月にオープンした「テクノパーク」は、「“知”の創造と継承」をコンセプトとした研究開発拠点で、現在およそ500名の研究開発者が勤務しています。
 なかでも、このたび受賞したR&Dタワーは、さまざまな技術や知識を持った研究者や技術者が集う場所です。広大な敷地を活かし、建物と水面を配することで景観に配慮するとともに、外部には日射を遮るためのルーバー(アルミ製の板)付きガラスカーテンウォールを備えるなど環境負荷の低減から、免震構造といった構造・設備におけるリスクマネジメントに至るまで、総合的に対応している点で評価いただきました。

 テクノパーク R&Dタワー テクノパーク R&Dタワー コラボレーションエリア 

【「第1回神戸市都市デザイン賞」の概要】
候補件数:112件 (まちのデザイン部門73件、CASBEE建築部門39件)
受賞件数:10件
CASBEE建築部門
  ○CASBEE建築賞:3件  <当社受賞部門>
まちのデザイン部門
  ○建築文化賞:1件
  ○景観・ポイント賞:3件
  ○ストック再生賞:1件
  ○市民活動賞:2件

神戸市都市デザイン賞について(神戸市Webサイト)
URL http://www.city.kobe.lg.jp/information/project/urban/scene/toshi-design.html

【受賞理由】(抜粋)
 広大な敷地を活かし、建物と水面を配する手法は海外では多くみられるスタイルであるが、我が国ではまだ希少であり、景観への配慮の点でまず多くの賞賛を得た。外部ルーバー付きガラスカーテンウォールをはじめとした環境負荷への低減や構造・設備におけるリスクマネジメントへの対応など、総合的に努めており、CASBEE建築賞として極めて高い評価を得た。


【用語解説】
 「CASBEE」(キャスビー)とは、建築環境総合性能評価システムの略称で、建築物の環境性能で評価し格付けする手法のひとつです。省エネルギーや環境負荷の少ない資機材などを用いた環境配慮のほか、室内の快適性や景観への配慮なども含めた建物の品質を総合的に評価するものです。
 当社は、「テクノパーク」のR&Dタワーについて2008年10月に神戸で初めて最高の「Sクラス」評価を取得しています。


「テクノパーク」に関する詳しい情報はこちらをご覧ください。
URL http://www.sysmex.co.jp/sysmex/technopark/index.html

シスメックス株式会社

Copyright © 1995-2012 Sysmex Corporation, All Rights Reserved.