シスメックス株式会社

ナビゲーションをスキップして本文へ移動します。

検索メニュー

研究開発ビジョン・方向性

個別化医療

患者さん一人ひとりに最適な治療法の選択を目指して

従来の医療は、疾患ベースとなっており、画一的な治療法が選択されてきました。そのため検査では、疾患をできるだけ確実に特定することが主な目的でしたが、疾患の状態は一人ひとりで異なるため、同じ病気であっても同じ治療法を適用することが必ずしも正しくないことは以前より知られてきました。その一方で、患者さん一人ひとりに最適な治療法を適用することは極めて難しい状況でした。
 近年の遺伝子解析技術の発展により、疾患特定精度の向上や、再発リスク・予後予測などが可能になってきています。また、治療においても効果や副作用を予測して投薬を選択でき、患者さん一人ひとりに最適な治療法の選択ができるようになる可能性があり、患者さんの身体的な負担の軽減だけでなく、医療費の抑制にもつながります。

検査を通じた個別化医療実現のイメージ

シスメックスの取り組み

 従来の組織を採取しての検査(バイオプシー)は、患部組織を直接分析するため患者様に大きな負担となっていました。シスメックスでは患者様の負担軽減を目指し、血液や体液中に存在する疾患由来の細胞、遺伝子、タンパクなどの成分を分析する新たな検査方法(リキッドバイオプシー)の樹立に向けた研究開発活動を推進しています。

血液中、体液中に含まれる主な疾患由来成分

血液中、体液中に含まれる主な疾患由来成分

研究開発ビジョン・方向性へ戻る