シスメックス株式会社

ナビゲーションをスキップして本文へ移動します。

検索メニュー

魅力ある職場の実現

労働安全衛生

職場の安全・衛生の確保

グローバルコンプライアンスコードにおいて、職場の安全・衛生の確保を明示

シスメックスは、グローバルコンプライアンスコードに「職場の安全・衛生の確保」に取り組むことを明示し、さまざまな活動に展開しています。

グローバルコンプライアンスコード(抜粋)
8-4 職場の安全・衛生の確保

誰もが安心して働けるよう、各国・地域の安全・衛生関連法令等を遵守するとともに、心身の健康の維持向上に取り組み、安全で快適な職場づくりに努めなければならない。

役員・従業員が協力して安全衛生の確保を推進

シスメックスは、従業員の安全衛生を確保するための指針として「安全衛生規程」を定め、安心して働ける職場づくりに努めています。2016年度からは、国内のグループ会社を対象とした「中央安全衛生委員会」を設置し、年に2回委員会を開催しています。同委員会では、国内のグループ会社の安全衛生・健康管理体制の強化・充実を図るために、方針・目標の策定、各事業所における安全管理状況の把握、改善施策の検討を行い、その結果はリスクマネジメント委員会を通じて経営層へ報告されます。2017年度の全社安全衛生目標を、「労働災害ゼロ」「従業員への健康投資による活力向上、生産性向上を目指した健康経営の推進」として設定し、各社・各事業所の安全衛生委員会が中心となって取り組んでいきます。

一方、各事業所では定期的に安全衛生委員会を開催し、ヒヤリハット事例や労働災害事例だけでなく、職場巡回を通じて把握したリスクについても、リスクアセスメントの考えに基づいて原因を洗い出し、短期から長期の対策を審議しています。

また、万一事故や急病人があっても対応できるよう、事故発生時の応急措置や退避方法、危険性のある機械や原材料の取り扱い方などについて教育を実施しているほか、AEDの使用方法を主体とした研修、市民救急救命士講習も定期的に実施しています。災害時の安全確保・安否確認・事業所被災状況の確認、お客様被災状況の確認や製品供給の状況確認の情報共有など、初動対応に関する訓練も適宜実施しています。

2016年度の労働災害度数率は、0.53(負傷者3名、死亡者0名)、強度率は0.09となっています。

労働災害度数率/強度率(シスメックス)
グラフ:労働災害度数率/強度率(シスメックス)

過重労働の防止

シスメックスでは、心身の健康を妨げる要因となる長時間労働の防止にも注力しています。関連法令の遵守はもちろんのこと、時間外・休日労働時間に関して厚生労働省の指針よりも厳しい社内基準を設け、この基準を上回った場合、その上長へ連絡して業務改善を図るとともに、本人から自己チェック票を提出させ、必要に応じて産業医との面談を実施しています。

海外事例(米州地域): OHSAS 18001の認証を取得

シスメックス ブラジルは、労働安全衛生マネジメントシステムの国際的な規格であるOHSAS 18001の認証を取得しています。

OHSAS 18001: 1996年にイギリス規格協会(BSI)が発行した規格BS 8800を基に、約30の各国審査登録機関、標準団体などが集まって1999年に発行された規格。

海外事例(中国地域): 工場での安全・快適な職場づくり

(左)作業時に装着する安全帯 (右)安全帯を装着してタンクに材料を投入

左:作業時に装着する安全帯
右:安全帯を装着してタンクに材料を投入

中国の2つの試薬生産工場の一つシスメックス 無錫では、OHSAS18001に基づく厳密な労働管理を実施しています。2016年には、工場でタンクに材料を投入する際、従業員が安全帯を装着するしくみを導入し、従業員の安全を確実なものにしています。また安全衛生委員会を設置して労働災害などの状況を把握し、業務改善や防災訓練などさまざまな取り組みを進めています。

もう一つの試薬生産工場、済南シスメックスでは、従業員が安心して快適に働ける職場づくりを目指して、安全で衛生的な労働環境の整備に努めています。例えば、重量物製品の搬送を機械化することで、労働災害の低減を図っています。また、快適な職場環境にするために、作業室はリフレッシュ効果が高いといわれる自然光を取り入れ、明るく健やかな空間を形成しています。さらに、食堂やレクリエーション室などの福利厚生施設を充実させるとともに、屋外にビオトープや散策小路なども設け、自然に触れることで気分をリフレッシュできるようにしています。

健康の維持・向上

心身の健康の維持・向上

ロゴ:健康経営優良法人2017ホワイト500

シスメックスでは、従業員の心身の健康の維持・向上が安全で快適な職場づくりに不可欠なものであると考え、定期健康診断に加え、人間ドックや女性がん検診などを実施し、疾病の早期発見に努めています。医療機器を取り扱う当社の業態上、業務によっては感染性のある物質などに接する機会もあることから、このような業務の従事者に対しては、法定の特殊健康診断に加え、B型・C型肝炎検査を含む独自の健康診断を年2回の頻度で実施しています。また、2015年12月には、「がん対策推進企業アクション※1」および「知って、肝炎※2」パートナー企業に登録し、2016年11月には「兵庫県がん検診等受診率向上推進協定」を締結しました。

また、ストレスチェック法改正に先がけ、2009年度から継続して、従業員のメンタルチェックやハラスメントに関する状況把握を行う「ココロの健康診断」を年1回実施し、経年的に把握しています。この結果を人事委員会で役員に報告するほか、本部長・部長層へもフィードバックを行い、部門運営や労働環境の改善に役立てています。 2015年度にはこの取り組みの対象範囲を国内のシスメックスグループ全体へ拡大しました。

健康相談に関しては、全社的な窓口を設け、産業医や保健師と面談できる体制を整えており、メンタルヘルスについては外部相談機関(EAP)も設置しています。

新任役職者に対しては、LGBT※3を含むハラスメント研修や労務管理、労働派遣法についての研修を実施しています。また社内外の通報窓口(カンパニュラライン)を設け、誰でも通報できる体制を整備しています。従業員へのパワーハラスメント、セクシャルハラスメントと感じる言動・態度があるかを「ココロの健康診断」を通じて年1回調査し、管理職へフィードバックするとともに、部長層が受講する研修で自身・自部門の振り返りなどを実施しています。

また、万が一長期的な休業が必要になった場合も、セーフティーネットとして断続的に取得できる休暇や長期休業制度、経済的な補償制度や復帰時の「ならし出社制度」を設けるなど、安心して働ける環境を整えています。

健康維持のための福利厚生施設として、ソリューションセンターの敷地内にグラウンドやテニスコート、トレーニング設備を備えた体育館などを設け、スポーツ施設利用補助制度なども継続しています。また、従業員自身に健康への関心を持ってもらうためのイベント・セミナーや、社員食堂でのヘルシーメニュー提供も実施しています。

このようなさまざまな取り組みが評価され、2017年2月に、経済産業省より優良な健康経営を実践している法人として、「健康経営優良法人 ~ホワイト500~」の認定を受けました。

※1 厚生労働省の委託によるプロジェクト。職場での取り組みを通して、日本のがん検診受診率を50%に引き上げることを目指す。

※2 肝炎に関する知識や肝炎ウイルス検査の必要性をわかりやすく伝えることで、早期発見・早期治療の実現を目指す厚生労働省のキャンペーン。

※3 レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字をとった性的マイノリティの総称。

健康イベントの実施

シスメックスでは、従業員の健康への関心を高めるためのキャンペーンなどを実施しています。2016年度には健康キャンペーンとして、「JA野菜イベント」による新鮮な野菜を使用したメニューを社員食堂で提供(5回)、4~6月にはストレス対策メニューを提供するほか、生活習慣病予防に効果的なメニューを取り入れるなど、食堂業者と従業員が食堂委員会を四半期ごとに開催し、従業員の健康の維持・向上に努めています。

このような取り組みのほかにも、インフルエンザの予防方法を周知するなど、健康管理に役立つ情報を随時従業員に提供しています。

海外事例(米州地域): 従業員が無料で利用できるフィットネスルームを設置

写真:フィットネスルーム

フィットネスルーム

シスメックス アメリカでは、健康増進への配慮として、従業員が無料で利用できるフィットネスルームを設置しています。

また、毎年フィットネス手当・健康手当を支給し、必要な機器の購入などを支援しています。さらに、健康診断やインフルエンザ予防接種の費用なども補助しています。

海外事例(EMEA地域): スポーツを通じて健康を増進

写真:シスメックスジム

シスメックスジム

2014年度、シスメックス ヨーロッパでは各種スポーツ器具を備えた「シスメックスジム」を開設しました。本施設では、キックボクシングやピラティスをはじめ、さまざまなスポーツ教室を開催しています。また、多くの従業員にスポーツに興味を持ってもらえるよう、プロのコーチによる入門トレーニングや専門家によるマッサージも提供し、楽しみながら健康管理に取り組める環境を整えています。

欧州・中東・アフリカ地域。

海外事例(その他):取り組み事例

上記以外にも、海外のグループ会社において、従業員の健康に資するさまざまな取り組みを実施しています。

会社名 取り組み内容
シスメックス UK 電話でのカウンセリングを24時間体制で実施
第三者によるストレスリスクアセスメントの実施
シスメックス 上海 社内トレーニングルームの新設
シスメックス ベトナム 全従業員対象のスポーツアクティビティの開催
シスメックス コリア 社内トレーニングルームとリフレッシュルームの新設
シスメックス パルテック ランチタイムや就業後に参加できるスポーツコースの提供
魅力ある職場の実現へ戻る