シスメックス株式会社

ナビゲーションをスキップして本文へ移動します。

検索メニュー

社会

マテリアリティ
製品・サービスを通じた医療課題解決

課題認識

近年、先進国では高齢化を背景として、増加する医療費の削減や健康寿命の延伸に関するニーズが高まっています。一方、新興国・開発途上国では、人口の増加に医療インフラの整備が追いついておらず、世界で4億人もの方が必要な医療を受けられない状況にあり、医療サービスの利用可能性の向上が課題となっています。

また、2015年9月に国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」では、人々の健康や福祉に関する目標が掲げられ、医療課題解決に向けたグローバル企業の取り組みへの期待はますます高まっています。

これらの状況を踏まえ、疾病の予防や早期発見、治療方針の決定に重要な役割を果たす検体検査領域では、新しい価値の創出による健康社会への貢献や、三大感染症(HIV/AIDS、結核、マラリア)をはじめとする医療課題の解決が期待されています。

出典:WHO “Universal Health Coverage

シスメックスのアプローチ

シスメックスは、グループ企業理念「Sysmex Way」のミッションである 「ヘルスケアの進化をデザインする。」の下、検体検査の分野で新たな価値を生み出し、人々の「健康でありたい」という願いに応えていくことが使命であると考えています。

特に、事業活動を通じた医療課題解決や医療アクセスの改善は、新たな技術的・社会的価値の創造につながり、社会の持続可能性向上に貢献しています。

創業以来、検査ニーズに応じた製品ラインアップの拡充やサービス&サポート体制の強化、正確で迅速な検査データ提供に取り組むとともに、近年は、個別化医療の実現に向けた先進的で価値の高い検査・診断技術の創出を目指した研究開発や、新興国・開発途上国の医療アクセス向上に向けて、現地の医療水準を高めることを目指した事業活動も推進しています。

今後もこれまで培ってきた独自の技術やグローバルネットワークを活かして、医療の発展と人々の健やかな暮らしへの貢献を目指した取り組みを進めていきます。

活動実績

マテリアリティ

事業活動を通じた医療課題解決
製品の普及等による医療アクセスの改善
社会へ戻る