シスメックス株式会社

ナビゲーションをスキップして本文へ移動します。

検索メニュー

製品・サービスを通じた医療課題解決

製品の普及等による医療アクセスの改善

世界には貧困問題や、医療環境・医療制度・医療供給システムの未整備などにより、適切な医療を受けることが困難な地域が存在します。

シスメックスは、グローバルに事業を展開する企業が果たすべき責務の一つとして、一人でも多くの方が適切な医療を受けられるよう、医療アクセスの改善に向けた取り組みを進めています。

三大感染症への取り組み

三大感染症と呼ばれる、HIV/AIDS、結核、マラリアは、多数ある感染症の中でも世界規模で長期にわたり流行している感染症で、毎年約300万人もの命を奪います。近年、治療薬やワクチンの普及により、感染規模は縮小しつつありますが、経済的理由や社会的・文化的な背景により、貧しい方や社会的に弱い立場におかれた方にまで予防・治療の医療サービスが届いていないのが現状です。また、健康を害することは、労働力の減少や、生産性の低下、医療費の増大などにつながり、経済成長にも影響を及ぼします。

シスメックスでは、これまで培ってきた臨床検査における検出技術を活かし、診療の判断材料に寄与する製品の開発を進めるとともに、産官学と連携した取り組みを推進することで、三大感染症の解決に貢献していきたいと考えています。

出典:グローバルファンド日本委員会/三大感染症を知る

マラリア排除に向けた取り組み

三大感染症の一つであるマラリアはここ数年減少傾向にありますが、世界で毎年約2億人が感染し、約45万人が死亡しており※1、死亡者数の9割以上を占めるアフリカでは、5歳未満の子どもの命が2分間に1人のペースで奪われています※2。シスメックスはマラリア排除に向け、自社の事業分野である検査・診断領域において、医療へのアクセスを改善するための活動を推進しています。

※1 「WHO World Malaria Report 2017」

※2 Malarianomore.org.uk

グローバルヘルス技術振興基金「GHIT Fund」に参画

GHIT Fundの枠組み

GHIT Fundの枠組み

シスメックスは、新興国や開発途上国における感染症の診断に寄与するため、マラリア、デング熱、HIV/AIDSなどの検査技術の創出・製品の開発に取り組んでいます。

また、「開発途上国の人々が感染症による苦難を乗り越え、先進国と同様に繁栄と長寿社会を享受できる世界を目指す」を活動のビジョンとする公益社団法人「グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)」に2015年より参画しています。GHIT Fundの活動は第2期目(2018~ 2022年)に入り、当初の「製品開発」から「その製品を必要としている人々へ届ける活動」にシフトしています。シスメックスも引き続きGHIT Fundの第2期の活動に参画し、日本発の技術革新による新たな感染症診断薬の開発・提供に向けた取り組みを推進し、開発途上国における感染症撲滅に貢献していきます。

三大感染症の年間死亡者数(2016年)

移動検診車「モバイルラボ」寄贈による医療機会の提供

モバイルラボ 外観

モバイルラボ

電気設備などのインフラが整っていない地域においては、先進国に提供している製品・サービスをそのまま使用することができないため、地域・人々のニーズにあった製品・サービスの提供が求められています。また、医療に関する知識が不十分で、検査や治療の効果が理解されていない地域もあり、患者さんへの教育・啓発も重要な課題の一つとされています。

2016年にケニアで開催されたアフリカ開発会議(TICAD Ⅵ)では、移動検診車「モバイルラボ」※1を出展し、それを母子保健や感染症対策に関する啓発活動を行う「ビヨンド・ゼロ・キャンペーン」※2に寄贈しました。モバイルラボの導入により、定期的な巡回診療と患者さんへの教育・啓発活動を行うことで、感染症の早期発見・早期治療を通じた感染症死亡率の低下を目指しています。

シスメックスは、これからも一人でも多くの方に適切な医療をお届けするとともに、患者さんの健康への関心を高めることで、世界の医療課題解決に寄与していきたいと考えています。

※1 豊田通商株式会社および日野自動車株式会社とシスメックス株式会社との共同出展。

※2 2014年1月にケニアのケニヤッタ大統領夫人が立ち上げた、母子保健や感染症対策に関する啓発活動。政府への働きかけや国民への啓発活動に加え、移動式診療所の全国配備を目指し、大統領夫人自らの主宰によるチャリティ・マラソンなどを行っている。

母子健康改善プログラムへの協力

シスメックスは外務省の「草の根・人間の安全保障無償資金協力」において、在ガボン日本大使館が実施する『ランバレネ地⽅⺟⼦保健局機能拡充計画』に協力し、当社製品の設置や医療従事者への研修を行いました。産前検査をはじめとする貧困層・庶⺠層の妊産婦の無料検査の機会増加により、⺟⼦の健康改善に貢献しています。

現地の医療水準の向上を支援

シスメックスでは、アジアにおける医療インフラの整備や医療水準向上の一環として、中国、モンゴル、カンボジア、ミャンマー、タイ、フィリピンの6カ国の検査の質の向上支援を行ってきました。さらに、アフリカではナミビア、ザンビア、ジンバブエにおける検査室の品質管理支援や医療従事者への教育支援を行っています。

国際協力機構(JICA)と協同で国際基準に適合した臨床検査室の品質管理支援を推進

検査室でのオペレータートレーニング (ナミビア共和国)

検査室でのオペレータートレーニング
(ナミビア共和国)

シスメックスは、医療人材および医療インフラの不足とともに医療の質確保が課題とされているアフリカ ナミビア共和国において、検査室の品質向上の支援を行っています。

具体的には、ナミビア政府の下で臨床検査事業を行うNamibia Institute of Pathologyの施設に対して、国際基準に適合した臨床検査室の運営を目指した品質管理システム運用マニュアル「Sysmex Quality Guidance Manual」を用いたメンターシッププログラムを提供しています。

アフリカ地域では、これまでザンビア保健省とジンバブエ保健省においても同様の取り組みを通じて検査室の品質向上支援活動を展開しており、これらの実績を布石として、アフリカの近隣諸国への水平展開を図っていきます。

人を単に管理するという発想でなく、組織の方向性や価値観を明確にした上で、事業に関わる全ての人の成長と成功を追求し、人を動機付け、能力を向上させていくように導く姿勢やスキル、また、そのしくみによって組織を活性化していくマネジメントのこと。

臨床検査の標準化・質向上に向けて学術支援活動を展開

シスメックス株式会社はこれまで、中国やモンゴル、カンボジア、ミャンマー、タイ、フィリピンの政府機関と臨床検査の質向上を目的とした学術支援活動に関する契約を締結し、支援を行ってきました。

近年モンゴルでは、白血病などの血液疾患の診断、治療、経過観察に必要不可欠な「血液形態検査」に関するノウハウの蓄積や標準化が社会課題の一つといわれています。シスメックス株式会社は、これまでのヘマトロジー・生化学・免疫分野での支援活動が評価され、2017年7月から支援対象を血液形態検査分野にも拡大しました。現地の臨床検査技師に、技術的、学術的ノウハウを提供するとともに、国家的に実施される血液形態検査の外部精度管理のしくみの構築・運営を支援することで、モンゴルの医療水準の向上への貢献を目指します。

当社では、今後も、新興国・開発途上国における臨床検査の標準化や質向上を目指した取り組みを推進していきます。

医療従事者への教育支援

医療アクセスの向上には、医療インフラの整備とともに、適切に訓練を受けた医療従事者の存在が不可欠です。シスメックスは、臨床検査室の品質向上や臨床検査の標準化・質向上を通じた教育支援に加え、医療従事者の方々を対象としたセミナーや勉強会の開催、最新の学術情報の発信などを実施しています。

製品・サービスを通じた医療課題解決へ戻る