シスメックス株式会社

ナビゲーションをスキップして本文へ移動します。

検索メニュー

社会

人権の尊重

人権の尊重に関する方針

世界人権宣言とILO 中核的労働基準、国連グローバル・コンパクトを支持

シスメックスグループは、グローバルコンプライアンスコードの「8. 人権の尊重と安全・衛生の向上」において、世界人権宣言とILO 中核的労働基準への支持を表明するとともに、基本的な人権を尊重する上で遵守すべき特に重要なルールや行動のガイドラインを定めています。具体的には、あらゆる差別的取り扱いを行わないこと、セクシャルハラスメントやパワーハラスメントなどの人格を無視した行為をしないこと、児童労働・強制労働などをさせないこと、安全で快適な職場環境を確保することを明示しています。これらを実践するため、随時研修などを実施しています。

また、2011年2月に国連グローバル・コンパクトに参加し、人権の保護を支持、尊重し、人権侵害に加担しないことを表明しています。

さらに、ヒトゲノム・遺伝子解析研究および臨床研究を進めるにあたり、被験者の人権尊重を目的とした規程や委員会を設けています。

グローバルコンプライアンスコード(抜粋)
8. 人権の尊重と安全・衛生の向上

私たちは、世界人権宣言、ILO 中核的労働基準等の人権に関する国際基準を支持し、一人ひとりの基本的人権を尊重し、差別や嫌がらせ等の行為を行いません。また、各国・地域の労働関連法令等を遵守し、職場の安全・衛生に努めるとともに、不当な労働を強制しません。

8-1 差別および嫌がらせ等の禁止

性別、年令、国籍、人種、民族、信条、宗教、社会的身分、門地、疾病、障害、性的指向、性自認などに関する差別的言動、ならびにセクシャルハラスメント、パワーハラスメントなどの人格を無視する行為を行ってはならない。

8-2 プライバシーの尊重

個人の多様な価値観を認めあうとともに、一人ひとりのプライバシーを尊重し、知り得たプライバシー情報をみだりに話したり、不必要に知ろうとしてはならない。

8-3 強制労働・児童労働の排除

意思に反しての不当な労働を強制してはならない。また、各国・地域の法令等に定める雇用最低年齢に満たない児童を就業させてはならない。

8-4 職場の安全・衛生の確保

誰もが安心して働けるよう、各国・地域の安全・衛生関連法令等を遵守するとともに、心身の健康の維持向上に取り組み、安全で快適な職場づくりに努めなければならない。

人権リスクの特定(人権デュー・デリジェンス)

シスメックスグループでは、グローバルコンプライアンスコードの「8.人権の尊重と安全・衛生の向上」に基づき、自社内にとどまらず、サプライチェーン全体の事業活動における人権への影響を特定し、負の影響を防止・緩和していく「人権デュー・デリジェンス」の取り組みが必要であると考えています。具体的な取り組みとして、取引先に対するCSR調査の実施が挙げられます。調査項目の中に「強制労働・児童労働の禁止」「男女・障がい者・人種等に対する差別の排除」などがあり、シスメックスグループの活動が人権侵害に関与・加担することのないよう、人権への影響を事前に把握し、予防的に対処するしくみを整えています。またシスメックスグループでは「英国現代奴隷法」の対応を進めており、シスメックス UKのホームページに声明文を公開しています。

人権に関する相談・通報制度

国内のシスメックスグループ向けに内部通報制度「カンパニュラライン」を設置し、セクシャルハラスメントやパワーハラスメントに関する相談をはじめとする人権相談を受け付けています。また、海外のシスメックスグループでも内部通報制度を整備しています。

シスメックスでは、これに加えて、毎年1回、従業員を対象とする調査を行い、パワーハラスメントやセクシャルハラスメントと感じるような言動・態度が周囲に存在しないかを確認しています。調査結果は本部長や部長に報告するとともに、これを踏まえたマネジメント向けの研修なども実施しています。

人権の尊重を理解するための教育・啓発

人権侵害防止に向けた教育を実施

シスメックスは、ハラスメント(いじめ)の防止や、労働に関する正しい知識の浸透などを目的とする教育を実施し、人権侵害の防止に努めています。

2016年度は新任役職者向け研修で、LGBTを含むハラスメント、労務管理、労働者派遣法に関する研修を113名に行ったほか、新入社員、中途採用者に対しても研修を実施しました。

レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字をとった性的マイノリティの総称。

社会へ戻る