シスメックス株式会社

ナビゲーションをスキップして本文へ移動します。

検索メニュー

社会

人権の尊重

人権の尊重に関する方針と取り組み

世界人権宣言とILO 中核的労働基準、国連グローバル・コンパクトを支持

シスメックスでは、グローバルコンプライアンスコードに「8. 人権の尊重と安全・衛生の向上」を掲げ、全ての従業員の人権を尊重した企業経営、職場環境づくりに取り組んでいます。これは「すべての人間は生まれながらにして自由であり、かつ尊厳と権利について平等である」ことを規定した世界人権宣言、仕事で守られるべき最低限の労働基準を定めたILO 中核的労働基準の趣旨に則ったものです。このような考えに実効性を持たせる狙いから、差別、ハラスメント(嫌がらせ)、強制労働・児童労働を禁止するために遵守すべきルール、行動のガイドラインを明文化するとともに、さまざまな研修を通して従業員の啓発を行っています。2011年2月には国連グローバル・コンパクトに参加し、「人権・労働・環境・腐敗防止」に関する10原則への企業姿勢を明らかにしました。

また、ヒトゲノム・遺伝子解析研究および臨床研究にあたっては、被験者の人権への配慮を徹底するために社内に委員会を設置し、研究倫理に関する具体的な規程を設けています。

人権リスクの特定(人権デュー・デリジェンス)

シスメックスでは、グローバルコンプライアンスコードの「8.人権の尊重と安全・衛生の向上」に基づき、自社内にとどまらず、サプライチェーン全体の事業活動における人権への影響を特定し、負の影響を防止・緩和していく「人権デュー・デリジェンス」の取り組みが必要であると考えています。具体的には、取引先に対するCSR調査の項目の中に「強制労働・児童労働の禁止」「男女・障がい者・人種等に対する差別の排除」などを盛り込み、シスメックスの活動が人権侵害に関与・加担することのないよう、人権への影響を事前に把握し、予防的に対処するしくみを整えています。またシスメックスでは「英国現代奴隷法」が発効したことを受け、シスメックス UKがホームページに声明文を公開するなど、同法に適正な対応をしています。

人権に関する相談・通報制度

シスメックスでは、国内外で内部通報制度を設置し、セクシャルハラスメントやパワーハラスメントをはじめとする人権相談を受け付けています。

人権の尊重を理解するための教育・啓発

人権侵害防止に向けた教育を実施

シスメックスは、ハラスメント(嫌がらせ)の防止や、労働に関する正しい知識の浸透などを目的とする教育を実施し、人権侵害の防止に努めています。

2017年度は新任役職者向け研修で、LGBTを含むハラスメント、労務管理、労働者派遣法に関する研修を約130名に行った他、新入社員、中途採用者に対しても研修を実施しました。

レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字を取った性的マイノリティの総称。

社会へ戻る